自転車用携帯ポンプによるエストレヤの空気圧チェック

買ってから一回もしてなかった空気圧チェック。
ガソリンスタンドでできることはできますが、めんどくさい。ガソリンスタンドには長居したくない…。

よって、手持ちの自転車用携帯ポンプですることにしました。
使うのは、GIYOの携帯用マイクロフロアポンプ、GM-71。

自転車用の手動ポンプで、バイクに空気いれられるのかよ(チカラが要るのでは)…とお思いかもしれませんが、車でもバイクでも入ります。
バイクのタイヤは2気圧程度、しかし自転車は7気圧くらい入れるので…チカラは心配なし。
ただ、太いタイヤなのでポンピングの回数が増えるだけです。

Amazonのこれです。
こういう小さい自転車用携帯ポンプでもバイクの空気入れられちゃいます。バイクはだいたい2気圧とかその辺なので、7気圧とか入れる必要のある自転車よりヨユーです。

標準では仏式用になってます。米式で使うには、内部のアダプタを組み替える必要があります。

組み替え方はまずこれを、

分解します

わかりづらいけどこの真ん中のやつを、仏式(デフォルト)だと

米式で使うにはこう組みます。

組み立てた後の画像では、仏式(デフォルト)

米式では

こうなります。

英式バルブに空気入れるには洗濯バサミみたいなアタッチメントを、米式バルブ向けに組み替えた本体で使います。
説明書があったかは忘れたけど、そっちみたほうが早いです。

結果…

ちょーっと減ってたけどだいたいOKでした。

こういう小さなポンプでは、圧力的には大丈夫なんですが、何回もポンピングしなきゃならないので疲れます。

電動でなくても、ふつうのフロアポンプなら楽に入れられるでしょう。(今回使ったのは小さすぎますが、まあ使えるということで。)

コメント