ホーネットのプラグ交換

ODO: 33,400kmの2001年式ホーネット。

前回交換から1万kmなので交換します。

本当はプラグの様子を見て交換すべきですが、ホーネットはタンクを下ろす必要があり、さらにプラグが外しにくいレイアウト(3番気筒)なので面倒なので距離決め打ちで交換してしまいます。

ホーネットのタンクは後方の一箇所でネジ止めされています。前は出っ張りに引っ掛けてあるだけ。
ここはボルトとナットで固定されていて、片方を固定して回さないと供回りします。
タンクを外すには3本のチューブ(ドレン、負圧、ガソリン)と燃料計コネクタを外さなくてはなりません。
ドレンはタンク右側、負圧とガソリンはタンク左側の負圧式ガソリンコックに接続しています。
燃料計コネクタはタンクから伸びてるコードの先に赤いカプラがありますのでそれを外します(燃料計がある年式だけ?)。
写真に写っているガソリン用のチューブは太く、とても外しにくいので写真のようにシリコンスプレーを吹いてゆっくり太いマイナスドライバーで外します。
少しだけガソリンが出て来るので気をつけます。
やっと外せました。満タンに近いのでタンクがすごく重かった…。

水冷4気筒なので非常にグチャグチャしたレイアウトで、ワクワクするとともに悪い意味でクラクラしてきます。
チューブや補機類がたくさんで、どれがどれだか…。
空冷単気筒のエストレヤはこれに比べるとすごく綺麗でわかりやすかったです。
レギュレータはフィン付き。
イグニッションコイルはMP10です。
…ってあれ、バブログ:点火系強化(中古のMP10コイルで)によると、2006年のマイナーチェンジ以降にMP08からMP10に変更になったらしいのですが、私のホーネットは2001年式…。
1番気筒(左から1番目)のプラグを外し新品(付いていたのと同じくNGK CR8EH-9)と比べました。
電極の形はあまり変わってない!
なお水冷のためプラグがヘッドの深〜い所にあります。なので指突っ込んでもとれません。割り箸でも、2番3番気筒は無理でしょう。
磁石つきのプラグレンチがない場合、プラグレンチにガムテープをぐるっと貼って突っ込むと、プラグがくっついて出てきます。
なお使用するプラグレンチは長いタイプではなく、写真のように折れる横から回すタイプでないと3番気筒とか特に無理です。
案の定3番気筒に結構手こずりましたが、日没後に全プラグが外れました。
写真は左から1~4番、一番右が新品プラグです。
中心電極の減りは新品と比べてもあまり見られず、
中心電極のまわりの碍子の色も大丈夫、
接地電極のカーボンのつき具合は多分まとも、ネジ部分のも多分こんなもん、…って感じです。

新品に交換して終了。

水冷四気筒の洗礼を受けました。
整備性悪すぎ。

高性能で複雑なマシンが良いと思ってましたが、常に最良の状態におくためのメンテナンスがしにくいのは難点ですね。

次は2ポット型押しのシングルディスクで、エンジンは単気筒、正立サス、リアサスはリンクなしでいいからシンプルで軽いバイクがいいな…と思い始めました。

コメント