日本一周・6日目・北海道野付から紋別へ・キャンプ場の電話対応にビビる

6日め(北海道入り後4日め)
2017/8/12
5:30起床

今日は野付半島と知床半島を巡りました

砂嘴が発達した野付半島の、トドワラを見に行きます。
ネイチャーセンターから徒歩で30分くらいかくらい離れているため、往復で結局1時間程度消費してしまいました。

徒歩で歩く場所に、モグラが死んでました。

6時50分、トドワラ到着

えっ意外とこれだけ…

7時20分
帰って来ると駐車場にキツネが。

このあとの予定が怪しくなって来ます
(有料テントサイトは受付が17時までのところが多いので、旅にはタイムリミットがあります。ネットカフェは北海道のように街がまばらな地域では場所が非常に限られています)

知床半島では、10年前に来た時に見かけた、触れる熊の毛皮の展示物を探します。

9時10分
知床国立公園 羅臼ビジターセンターに入りました…ここは野球部の靴下みたいな臭いがします。剥製が多いからだと思います。

綺麗でオシャレだけども触れる熊の展示物はありませんでした。

10時
途中の知床岬は曇り+雨で、ちょっとスピードを出していればすぐ死ねます。

10年前に来た時にはある程度遠くまで見えたのですがね…。

10時40分
つぎは知床自然センター、みつけたっ!これだ!
思い出とはちょっと位置が違ってましたが、たぶんこいつです。感動の再会。

人が多くて、思う存分さわれないのが残念です。

観光名所などに置いてあるノートを見るのが好きです。

さてもう、キャンプ場を押さえなくては…。
一つめ、潮干狩り客の多いナントカキャンプ場

残念ながら満杯だそうです

二つめの五鹿山公園キャンプ場に掛けてみると不明瞭な自動音声での応対。
音声が不明瞭で、12時以降にお掛けくださいなのか11時以降にお掛けくださいなのか不明。

12時10分
北海道で初めてホーマックニコットで防水手袋を買ったあとに、

電話掛けてみたら、なんか態度悪い感じのおじさんが出ました。

しかし電話やメールでは悪い印象でも、実際に会ってみるとそうでもなかったりします。
(実際会ってみたら、やはり印象がそこそこ変わりました)

しかし受付時間を聞きそびれた…もう一回電話するのは怖いから勘弁。
摩周湖を切り捨てて一直線に向かいます。

15時10分
まぁなんだかんだあって早く着いちゃいました。
摩周湖、回ろうと思えば回れたわ…。(ただし文字通り周りを回るだけで観光はカットになる)

ここは景観はよくないし雨降るとドロドロになるタイプのテントサイトで嫌なんですが、ゴミが捨てられるのが良いポイント。でもほとんどゴミを持たない僕にはあまり関係ないです。

17時20分
シャワーはありますが、5分100円だしシャンプー類は無しなので、道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯 に500円で入るのをおすすめします。



機関車も展示してあるしね。

こんな風にビニールでスマフォを包んでぶら下げ、ランタンがわりにします。

けどやることもないし、
まわりがファミリーでキャピキャピしてるときはさっさと寝るに限ります…。

この日に限らず、キャンプ時は19時に寝て4時30分に起きる、という超健康優良児な生活を送っています。
これがネットカフェだと25時寝の4時30分起きというナポレオン的生活になります。ドリンクバーとソフトクリーム食べ放題が魅力的で眠らせてくれない。


260kmの走行、5:30~17:40なので12時間の走行。

コメント