CRF250Lsをレンタルした感想

インプレ

ホンダのオフロードバイクCRF250Lsをレンタルしました。初めてのオフ車です。
2023年式、ODOは約1000km。ほぼ新車!

きもちえー

このCRF250Lsは、元のs無しモデルCRF250Lをオフロード寄りにしたものです。
オフ車をオフ寄りってなんやねんという感じですが、元々CRF250Lはデュアルパーパスモデルとしてはオンロード重視寄りのキャラだったので、それをオフ寄りにしたということなのでしょう。
でもこのsモデルでもオンロードを全然楽しく走れます。

s付きモデルではサスストロークが増えて、しかもシートは厚くなり、オフロード性能upの足つき性downです。戦々恐々としていましたが、170cm弱でも全然イケます!

残念ながら、無印CRF250Lは乗ったことがないため、比較はできません。

エンジン

小気味良い加速が楽しいエンジンです。

CBR250R、CRF250L/M、CB250R、Rebel250などに載せられているとても沢山使いまわされているエンジン。
車種によりセッティングやその他小変更により違った特性を持たされています。
私はこの中でCB250RとRebel250をレンタルしたことがありました。

印象としてはCB250Rに近いと思いました。
ちょっとアクセルを開けただけで元気に飛び出していくようなエンジンで、高回転まで回してもイヤな振動は起こりません。ミラーもブレずに見えます。楽しくてパカパカとアクセルを気軽に開けて加速を楽しみたくなります。
そして残念ながら、渋滞時などの極低速だとガックンガックンというスナッチが起こります。

Rebelだとミラーがかなりブレて見えなくなる回転数があり、かつギアの切り替えが忙しくて、でも極低速でもあまりスナッチが起こりにくかった記憶があります。
ギア比とかの違いが大きいのかも知れないですが、結構載せる車種によって印象が違うな〜と思いました。

ブレーキ・クラッチ

ブレーキはまっったく過不足がないです。
なにも文句がないです。

クラッチは恐ろしく軽いです。今まで乗ったバイクの中で一番軽いと思います。
アシストスリッパークラッチが付いているせいで、ワイヤーが切れてんじゃないかと思うくらい…というのは言い過ぎですが、かなり軽いです。

サス

無印のCRF250Lに乗ったことがないので比較はできませんが、CRF250Lsはよりストロークが長く取られているそうです。
たしかに、強めの加速やブレーキをするとかなり沈み込みます。

凹凸もよくいなしてくれ、性能には全く文句がありません。

しかしながら、サスストロークが長くて柔らかめな足であるため、足が短い人間には牙を向きます。
足をついて、バイクにかかる体重が減ったときに足が伸びて怖いのです。
発進時のニュートラル->1速のギアチェンジや、駐輪時のスタンド出しの際に右足に着き変えるとグラリ!
意識的にシートに体重をかけておくようにすると問題なし。

ただ、なれるまではちょっとビビるかもしれません。

足つき

170cm弱、70kg台前半の人間だと、片足ならベタ付き、両足だとツンツン気味という感じ。

左足だけ
両足だとツンツン


普段は恐怖感はありません。ただ、Nに入れ直す場合や、スタンドを立てる場合などで左右の足をスイッチする場合に、グラリとくる瞬間があり少し怖かったです。
体重で縮んでいたサスが伸び、地面が遠くなる瞬間があるんですよね。

ただ、これは慣れれば全然okだと思います。

ハンドリング

コーナリングが一番、普通のオンロードバイクとの違いを感じました。

着座位置が高いせいか、フロントタイヤがデカいせいか、ブロックタイヤのせいか、とにかく感触が違います。
普通のオンロードバイクだと一旦コーナリングの姿勢に入ったらビタッとレールをなぞるように走り、そこからは動かしにくいですが、このバイクはひょいひょい立てたり寝かせたりできてしまいます。
あと倒すとグニョという感触が出ることがありました。これはたぶんブロックタイヤのせい。

最初は少しビビりましたが、慣れたらリーンアウト気味に乗ることで楽しく曲がれるようになりました。

取り回し

うーん、軽い!

オフロードバイクは、デカくてゴツいマウンテンバイクみたいな感触かな、と予想していましたが概ねその通り。

バイクとしては軽く、妙な出っ張りが少なく、ハンドルが高いこともあり、押し歩きしやすいです。

HAWK11と比べるとハンドルがとても高い!

砂利敷きのエリアでも不安なく押し歩くことができます。やっぱバイクは軽いのがいいな〜〜と再確認できました。
でも200kg超のずっしりバイクも魅力的なんですよね。その夢は悪路に入った途端冷めるんですけどね。(走行コースに気を遣う乗り物は気疲れします…)

排熱

このバイクでほぼ唯一嫌だったところです。
右のシュラウド内にあるラジエーターが、予想外に熱い!!!!

あるとき右の足が足首ぐらいまで熱くて、「日光に照らされて熱いのか?」と思い日陰に入りましたが、まだ熱い!
ラジエーターからの熱でした。
ネットで見るとせいぜいふくらはぎぐらいが熱波を食らうエリアらしいので、足首は別要因だったかもしれませんが、手をかざしてもやはり熱いです!!

250cc水冷単気筒で熱くて困るのは意外ですが、渋滞時には足をパタパタさせたくなるぐらい熱いです。

所有しているホーネットでは真夏でもこんなに熱さを感じることはありません。たぶんラジエーターの位置のせいでしょう…。

ステップ

CRF250Lsの重要な特徴として、s無しのベースモデルからステップのラバーが取り除かれている点が挙げられます。これがちょっと使いにくい。

オフでの滑らなさを優先しただけあって、このステップがとても滑りにくい!
オフでは良いのでしょうが、滑りにくさは時に毒にもなるなと思いました。
シフトペダルの操作がやりにくいのです!

走行中の足の定位置から、少し前方にずらしたり、左右にずらしたりしてシフトペダルの上側や下側に足を移動させ、シフトダウン/アップの操作を行うと思います。
CRF250Lsのステップは靴によく食い込み滑りにくいため、靴を滑らすことはできません。意識的にステップから足を持ち上げてシフトペダルの操作体制に入る必要があります。

まぁ、慣れれば問題ないのですが、ちょっとだけ面倒です。

走行シチュエーション別感想

オフロード

未走行なので不明です!

オンロード:下道

頻繁に左右の足を着き変える場合は、ちょっと乗りにくいなと思いました(なんども書いてますが。)

それ以外では、全く問題ない性能をもっていると思いました。
また軽い車重に、元気な単気筒エンジンで、頻繁なストップ&ゴーも苦になりません。

オンロード:高速道路

まっったく問題なく快適に走ることができました。
YouTubeの動画やレビュー投稿を見ると、ここが問題にされていることもありましたが、特に問題を感じません。
合流加速も怖くもなんともないです。


ただ、120-130km/hぐらい出すとハンドルがちょっと左右にブルブルする感じがあるため、120km/h制限区間で追い抜きするシチュエーションなんかでは向かなそうです。まぁそもそも制限速度以内で走れば良い話です。

ブロックタイヤでそのうえ単気筒ですが、ハンドルが振動して困るということはなく快適です。

エンジンもレッドゾーンまでストレスなく吹け上がるため、どの回転数からでも大して考えず加速ができます。

余談: コーヒーツーリング

評価のために往復200km程度走り、初めてコーヒーツーリングなるものをしました。


バイクで出掛けて、自然の中でコーヒーを淹れ、飲む。

これまで、数時間走って公衆トイレと自販機に寄って帰りゃいいんじゃ!という80年代バイク小僧的なツーリングが殆どの人生(日本一周ですらそんな感じ)であったため、とても新鮮でした。

総評

景色もいいし、軽いし、高速道路もわりと走れるしいいバイク。


だけど野良オフロードが減っていく昨今、ほとんどオンロードしか走らないのにオフロードバイクを買うべきかといわれると微妙。
モタードにしたくなるなぁ、と思いました。


(オフロードコースをたくさん知っている玄人さんならぜひどうぞ!って感じです。自分はツテがないので、ツーリング途中に見かけて入ってみるのがせいぜい。見つけても、林業用の作業道路とかなのかロープがかけてあったりして入れないケースも多いですし、あんまり走るところは多くないかな…とか思っちゃいます。)

Screenshot

コメント