EOS 5D Classic(初代)のミラー落ちを自分で修理する

EOS 5D初代はミラーが落ちることで有名です(?)。
自分のも落ちたので自分で修理しましたという記事です。

ちなみに、2chにも自己修理を行う場合の解決方法や接着剤の選び方を書きました。
記録のためにこのページを書きます。

状態

eos 5d mirror down

買ってから1週間も経たないうちに、約1,000ショットでミラー落ちです。
シリアル番号の上2ケタは03。

これまで耐えてたと思われる個体でも、あっさりとミラー落ちしました。
撮影の翌日に静かに外れていました。

eos 5d strange firmware version
ちなみにこの個体はファームウェアバージョンがVer 4.00です。
しかもバッテリーの端子付近に「設計 xxx(人名?)」と書かれているので、まぁ普通の個体ではなさそう。外観は綺麗だったし。
2ch情報では開発機か何かかもとか。

修理方法

接着剤の選び方

2chにも書きましたがアロンアルファ等の瞬間接着剤はダメです。接着成分が揮発して、周りにくっつく「白化」が起こります。
セメダイン スーパーXなどのシリコーン系接着剤を使用してください。乾くのが遅いため貼り直しが効き、弾性接着剤のためか衝撃にも強い(とパッケージに書いてある)です。

近所に売ってなかったのでセメダイン スーパーXハイパーワイドを使用しました。

接着方法

eos 5d mirror reversed

ミラーを裏返すと4点だけで接着されていたことがわかります。この4点はゴムっぽい素材です。
そしてこの4点で、ミラー裏面に薄い黒い幕が接着されていることもわかります。この幕は4点以外ではミラーに固定されていないし指でもカンタンに曲がるので気をつけてください。

この4点の黒ぽちにセメダイン スーパーXをほんの少しだけヘラで塗ります。この接着剤は乾いてもベトベトするらしい(by Amazonレビュー)のではみ出さないようにしましょう。
納豆みたいに糸を引くので注意。

eos 5d mirror glued

説明書には10分乾かしてから貼り合わせるように書いてありますが、私は忘れて接着しちゃいましたが大丈夫でした。
ゴミを引きつけないようにすぐ貼ったほうがいいかも。
ミラー裏面についた指紋は貼る前に拭き取ってください。

eos 5d mirror arm

ミラーには前後の違いがあるので気をつけてください。4点のうち2点が離れている方が手前になります。
静かにミラーを支えの上にのせ、指で奥と手前を軽く抑えます。
そしたらミラーが地面と平行になるようにカメラを斜めに寝かせ、丸一日待ちます。

これでおしまい。

さらなる補強方法

ミラーの裏面は、ミラーに(4点以外では)接着されていない黒い幕があるので、接着面積をこれ以上増やすことはできません。
なのでリコール時のように、ミラーの横を接着し補強するほかありません。

しかしリコール時に使われた補強部材が手に入らないし、ヘタなことをやってミラー周りの重さが変わってシャッターフィーリングが悪化しても嫌なので私は何もしませんでした。
セメダイン スーパーXなら耐えてくれることを信じて……。

経過

そのあと100ショットくらいしましたが今の所は異常ありません。あった場合追記します。

2ch情報ですが、お店に出すと15,000円くらいかかるらしいです。どのような補強がされているのか、いないのかわかりませんが、心配な人は自分で修理せず出すべきだと思います。

コメント