日本一周・2日目・山形から青森へ・雨と霧でガタブル

前日の反省を生かし、宿泊施設には17:00までに到着するように05:30に出発です。本日は山形県鶴岡市の快活クラブから、青森県青森市の県民の森梵珠山キャンプ場(予定)へ向け移動します。

(熱対策として、ポーチタイプのホルダーからスマートフォンを半分だけ突き出して使用します。ポーチタイプは風で冷却ができないし熱も篭るのであまり良く無いです。
半分だけ本体出すと走行風で割と冷却がされるみたいで、1日目みたいに熱で停止しなくなります!)

5時
台風の影響による強風で、となりの自転車が倒れ、ヘルメットにぶつかった模様です。大した傷はありませんでしたがタンクにぶつかって居たらと思うと怖いです。

6時
カメラの露出ダイアルが収納した時にひっかかって最低の-3に。気づかず撮影しましたがそのお陰で良い写真が撮れました。大変よく撮れたのでLINEのホーム画面にしときます。

8時
海岸線を通過
(上のダイアル問題のせいで全部の画像が暗くなりました…こんな感じに)

本当はこのぐらい明るいです

12時
道の駅やたて峠「の隣にある」大館矢立ハイツで温泉に入る&食事を取りました。

大館矢立ハイツは宿泊施設でもあります。

道の駅自体はトイレと展示しかありません。

昼食のかき揚げ丼とそば500円。美味しい。

13時

台風5号が来て強い雨がふるかもしれないとのこと。
当初の予定では評価が高い上に無料である県民の森梵珠山キャンプ場に泊まる予定でしたが、フェリーターミナルに近いネットカフェに泊まることにしました。

安く済むナイトパックが使えるのは20時からで、まだ全然余裕があります。市街地なので適当にバイクでぶらぶらすることも難しそう。

よって、十和田湖やその周りのツーリングロードを使い遠回りすることによって、到着時刻を20時に近づける作戦にでました。

16時10分
しかしこれがいけなかった…。十和田湖の周りの道路で雨が降って来てしまい、

さらには濃霧まで。

事故的な意味だけでなく、心霊的な意味でも霧の中って怖いです。他の車を見つけて必死に後をついて行きました。

ルートを短縮し早めに切り上げ青森市へ北上すると、路面が乾いている!

雨が降って居たのは十和田湖周辺だけでこっちは降ってなかったみたい。大人しく青森市へ向かっていれば良かったですね。

18時10分
ネカフェに着く。
まだ18時でしたが、濡れてガタガタブルブルしているので、ナイトパック料金とかどうでも良くなったので着いてすぐにスーパーフリーク 青森サンロード店に入りました。

ネカフェの肉うどん 540円 が夕ご飯。暖かくておいしい!

以上、05:30 →18:10の約13時間程度の走行で約320kmを移動しました。(画像はコースが2つに分かれて計上されているので、距離表示がおかしいです。)

今日得た教訓:

  • 下道だと1日に300kmくらいが限界
  • 天気を甘く見ないほうが良い
  • バイクにタオルをくくりつけておくと、走行風で良く冷える・乾く
  • ヘルメットの髪型ぺちゃんこ能力をナメてはいけない(対策アイテムあるので買おう)
  • 髪型がヘンだと想像よりヤバイ人に見える(ので上と同じくヘルメットと頭の間に挟む対策アイテムを買おう)

食費:1,040円
宿泊費:1,903円
ガソリン:19.25L、2,493円
合計:5,436円

コメント