バーグマン200・レンタル試乗のインプレ

ビッグスクーターも経験しとかなきゃーね…というわけでレンタルしました

スズキ・バーグマン200。
人生初AT二輪でもあります。

・エンジン

アイドリングでは大きな振動!発進加速は5000回転くらいになるからうるさい。しかし加速は良く、回転数上がると振動はなくなってきます!

CB400SF>VTR >= バーグマン200 > エストレヤ でしょうかね。

アイドリングでは、周期の長い振動、ドコドコドコと発生し、ミラーが盛大にぶれます。
走行中は音は静かだし、回転は滑らかで振動はVTRのVツインより少ない気がします。びっくり。

加速は開ければスゥーッと80km/hくらいまで素直に加速します。
1馬力違いの18馬力のエストレヤより加速は速い。速度維持も楽。
発進は、エストレヤではできない、車を引き離す加速ができます。速い車、アクセル踏み込みすぎな車は無理。
ただ、発進が、5000回転でクラッチが繋がってきてようやく実用的な発進加速になるので、ウィイインとなかなかやかましい発進になります。

・ブレーキ

たいへん止まりやすい。使いやすい。

バーグマン200>CB400SF or VTR > エストレヤ ですかね。

スペック的には、今まで乗ったことあるバイクたちに劣りますが、なんのなんの、指一本でも安定して止まれ、けっこういいフィーリングです。
エストレヤはもちろんVTRよりも良いと感じました。

ただこの安定性、もしかしたらバーグマン200ではなくビッグスクーター全般の特性かもしれませんが…

・サスペンション

段差でガンッドンッと衝撃大きい。

エストレヤ > CB400SF > VTR > バーグマン200 ですかね。

同じ道をエストレヤで通りましたが、エストレヤは上手にいなしてるっぽくガンだとかドンだとか衝撃はきません。あんま揺れないし。

・ハンドリング

意外と倒しやすく、曲がる。

VTR >= CB400SF > バーグマン200 > エストレヤ ですかね。

なんつーか自然にサッサッと倒れて曲がるような…
余計な力も入りませんしね。
エストレヤより曲がりやすいです
VTRはうぉおおとびっくりするくらいコテンとなりキュウと曲がるのでそれには負けます

・外観

VTRよりは安っぽくない。

CB400SF or エストレヤ > バーグマン200 > VTR ですかね。

・取り回し

軽い…低重心のせいか大変やりやすい。

バーグマン200 > VTR > CB400SF > エストレヤ ですかね。

エストレヤはふんしょと勢いつけないと前にすすみませんが、こいつは低重心が効いてるのか押せば進みます。
楽さでいえば、バーグマン200>VTR>CB400SF>エストレヤって感じ。

CB400SFが最下位ではないですが、これは坂道や段差を経験すれば変わってしまうかもしれません。200kg近くあるからね。
ただ!メンテナンススタンドが立てられませんでした。力の掛け方がおかしいのかな。

・サウンド

発進がうるさいが、走り出すと静か。かっこよくもかっこわるくもない音。

CB400SF > VTR > エストレヤ or バーグマン200 でしょうか。

かっこいい音もしないが気に触る音もしない。発進は5000回転あたりまでまわすので、その時だけはなかなかうるさく、元気よく発進しようとするとこれは避けられないです。

・その他

スクーター便利〜〜。
手持ちのメットが入るか確認し忘れました。

バーグマン200の純正付属のスクリーン、おでこのあたりまでの風を防いでくれます。大変らく。長方形に切り出した只の板っぽくみえるが実は美しい曲線を描いてます。

・総評

なかなか楽しく、そこそこ速い。取り回しもしやすい。

…と良いことが多いのだけど、あまり積極的に欲しいいとはなりませんでした。発進はさっとクラッチつないでパアーッと行きたい。
バーグマン200ではムィイいいいいんシュルルルルルーむぁーんって感じ。(前述のようにクラッチミートがある程度回転数上がってからだから。)

求めてるものが違うせいだと思う。用途によっては、大変良いバイクであるはずです。

コメント