Macbook Pro early2015の故障

Macbook Pro early2015の13インチが故障しました。

内蔵ディスプレイになにも映りません。バックライトは点灯します。
ほかの機能は健在で、外部ディスプレイにつなげば普通に使えます。

渋谷のジーニアスバーに予約をとって持って行ったら、ロジックボード側のディスプレコネクタ周辺が濡れていたそう。

ジーニアスバーの中は平日でも混雑していて(足しか)写真は撮れませんでした

濡らした覚えはないんだけどなぁ…。
リュックに入れて運んでるときに雨に降られたことがあったようなないような。そのせいでしょうか。

結局、内部の濡れによる腐食があるということで85,000円で「ロジックボード+ディスプレイ+関係ないけど不具合のあるキーボード」を全部直してくれるそうです。
料金案内画面にはtear4 ナントカって出てたっけな…。今調べたらTire4 accidental damageみたい。

雑誌、macfanによくまとまった修理料金表が載ったページがあるとこちらのサイトで書かれてますね。
GoogleBooks: Macfan2016年12月号で見れます、GoogleBooks万歳。こっちだと有料記事でたぶん同じことが読めます。

今回のMBP Pro retina 13インチだと修理料金表は次の通り。

.table2 th {
background-color: #cccccc;
}

自然故障(安い) 自然故障(高い) Tier1(工賃?) 過失故障Tier2 過失故障Tier3 過失故障Tier4
値段 33,000円 53,000円 9,000円くらい 33,000円 53,000円 85,000円

表の作り方が下手なのは置いといて、

過失がなくても、
ディスプレイやロジックボードやSSDといった高価な部品は53,000円の方になります。
Appleでの修理は特定部品だけの請求はできない…とかなんとか言われました。どんなに安い部品の交換でも最低、33,000円かかるみたいです。
(ジーニアスバーとかじゃなくて、他のApple正規サービスプロバイダなら、部品ごとの請求もできるとかサポートチャットで言ってたけどよくわかりません。)

水濡れや落下など、自然故障でない故障のさせ方した場合は、右側の4段階に分かれていてより高額な分類にされます。

全体でもTire4が一番高額です。
よくわからないけど、Tire4の85,000円でディスプレイとロジックボードとキーボード全部直せますと案内されたので、事実上85,000円が修理上限なのかもしれません…。定額で全部直せるような言い方だったので。

なお、ディスプレイだけの交換の場合も提案され、「ディスプレイ本体部品45,000円くらい+Tear1 labor chargeが9000円くらい」と案内されました。(うろ覚え…)
なので、macfanの元の表にはなかったTear1工賃を上の表には追加してあります。

最初の話だと部品だけの請求ってできないんじゃなかったの?高額部品はアリ?よくわかりません。

修理代金はサポートページで明確に示してほしいものです。
この辺は知らないだけでどっかに書いてあるんでしょうかねぇ…?

コメント