通勤用ロードバイクのスポーク折れたので交換

タイトル通り。後輪のスプロケ側のスポークが折れた。パキャッと空き缶でも踏んづけたような音がした。

FELT Z5 2011の、後輪のスプロケ側のスポークは直径2mm(#14ってこと)、長さは290mm。非スプロケ側は、たぶん288mmとかその辺。前輪はもっと短い。
リムがCXP22とかハブがFeltのナントカだとか、情報が揃えばそこから計算できるが…ハブの情報が集められなかったので外して実測した。

スポーク破断の原因は、チェーン落ちによるスポーク損傷。
スポークガードはついてたんだけど、割れてどっかに落ちた…

さて、交換交換。

必要工具は
・タイヤレバー
・スプロケット外し
・ニップル回し
・(できればマイナスドライバー)
だけでござい。
(非スプロケット側のスポークや、フロントホイールのスポークの交換なら、スプロケ外しはいらない)

必要なアイテムは
・スポーク
・(できればニップルも)
だけ。

まずカセットスプロケを外して、タイヤとチューブを外し、リムテープを外す。
タイヤとチューブとリムテープは、交換に必要な部分だけ外せば用は足りる。

(ここまでやって、実は285mmのスポークを買ってしまったので、またタイヤを組み立てて買いに行った。しかも店は閉店してた。つかれた)
スポークの長さが5mm違うと絶対にどうがんばっても使えないので注意。

ついでにスプロケもパーツクリーナーで洗って…

完成。

このあと振れ取りをした。スポーク一本飛んでると、かなり振れる。

コメント