ブロックテックパーカを乾燥機にかけるとシームテープが剥がれる→アイロンで貼り直す

UNIQLOのブロックテックパーカ(商品番号:178767) 、おそらく2016年の品を来ています。 手洗い陰干しが指定されてるんですが、洗濯機で洗い脱水して乾燥までさせるという地獄を味わわせてしまいました。 とくに乾燥がいけなかった。乾燥機は熱風を当てるため、洗濯物の位置によっては高温になります。それでシームテープがベロンベロンに剥がれてしまいました。とくに、負荷がかかる首のあたりが。 剥がれたシームテープは、温度低にしたアイロンを押し当てれば再接着が簡単にできます。 当て布をするべきだと思いますがしなくてもいけます。 なおいつの間にかこんな風にPUコーティングも剥がれています…。経年劣化のせいなのか洗濯のせいなのかはわかりませんでした。重曹で剥がして使おうと思います。(画像はシームテープをアイロンで貼り付け直した後です)
ちなみに、2019年モデルである商品番号420666のブロックテックパーカも買ったのですが、細いシームテープを負荷が掛かる部分に使わないように改良されてました。(もっと前のモデルからかもしれません)

コメント