Windows10のカスタムスケーリングは中途半端な値にするな!

Windows10のお気に入りポイントの1つ、カスタムスケーリングは、自由に値を設定できますが、これは中途半端な値に設定してはいけません!

スケーリングの値を160とか170に設定していたのですが、GoogleDriveクライアントの「バックアップと同期」アプリの、通知領域アイコンが出てこないという不具合に遭遇。
ノーティフィケーション(吹き出し)は出てきますが、アイコンが見当たらない。
でも同期はちゃんとされるている。

実は中途半端なスケーリングによって、IMEのアイコンと音量アイコンの間に隠れてしまっていたようです。

(図はスケーリング175、ちゃんと表示されてるときの図)

25刻みで設定すれば、ちゃんと表示されるようなので現在は175で使っています。

その他近況

Macbook Pro 13インチearly2015が、早くも壊れかけているので乗り換え先を探し中です。

現行型Macbook Proは、TouchBarやバッテリーの持たなさ、あまり軽くない重量を勘案するとにハードウェアとして魅力を感じなくなってきました。

乗り換え候補のThinkpad X1Cは安いし軽いし電池持つし、キーボードは打ちやすいし、処理性能は似たようなもの(構成による)し、とハードウェアは魅力的です。
そのためWindows10での開発に慣れようとしています。

Windows10で満足いくCLI環境を整えようとすると結構苦労することになったので、VMでLinux使うのに落ち着きました。

しかしVM常用はバッテリーライフが犠牲になりますし、ほとんどVM上のLinuxしか使わないなら直接Linuxを動かせばいいじゃんって思うのですが、Linuxでは動かないソフトがある以上仕方ないです。OneDriveクライアント(Linux用にはいいのがない)とか、ほかにもいろいろWindowsで動かしたいソフトがありますからね。

そういうソフトが動き、なおかつUNIXであるmacOSはやはりちょうど良いですね。

というわけでmacOSの使用を継続するかもしれないです

コメント