ジクサーのインプレ(3日間レンタル)

日本一周の途中、沖縄では3日間、レンタルしたジクサー(GIXXER)で行動しましたのでインプレします。

GSR250に乗った時も思いましたが、乗って楽しいかどうかにはスペックの高さは関係ないんだと教えてくれるバイクです。


ODOは4000km。

・エンジン

振動がなく走りやすいし加速も良い

ブログのインプレ記事を見てもらうと自分が乗ったことある車両がわかります。
空冷単気筒ですが振動があまり強く無く、GSR250のようにひっかかりもなくレッドゾーンまでスッと回ってくれます。
振動が大きく回すと煩くレッドゾーンまでなかなか回らなかったエストレヤとは大違いで、空冷単気筒観が改革されました。
加速感も、ホーネットに日頃乗ってる自分にとっては無さすぎとは感じません。むしろ意外と速かったです。

やっぱ150ccの単気筒だな〜と感じるのは高速道路で追い越しを掛ける時で、そのときはアクセルを開けても全然加速しないので心理的にガクッと来ます。(下道だとパカパカパカー!と軽快に加速するのでそれを期待してしまいます。)

これで燃費も良いらしいのですごく良いです。

・外観

ヘッドライト以外かっこいい


ヘッドライトの形が好きではありませんが、全体で見るとヘッドライト込みでも均整がとれていて、樹脂製のタンクカバーのせいかタンクの造形が攻めてて立体的でかっこいいです。

ほか、質感で気になるところはレバー類が気持ちガタつきがあるのとシフトペダルくらいでした。

・ギア、シフト

ガシャ、ガシャ隙間がありそうなフィーリング

ボールジョイントじゃないんだ、びっくり。

見た目通り隙間が大きそうな機械のフィーリングです。つまり良くは無い。
でも全然気になるほど悪くはない。

足先で操作するより足全体で操作してました。

ギア比は、数字でなくフィーリングとしてはかなりクロス気味というか加速に振ってある感じ。
シグナルダッシュではアクセル全開にするとすぐレッドゾーンまで回るのでガチャ!ガチャ!とシフトアップが必要です。
でも全然楽しいです。気づいたらすぐ吹け上がっちゃう快感。

ホーネットも発進時にアクセル前回にすればすぐレッドゾーンまで行くタイプですが、音が大きいので「気づいたらすぐレッドゾーン」って感じではないです。ほか、高回転時はレスポンスが過敏になるとエンブレも強くなるのがはっきりとわかります(=乗りにくくなる)。我慢して引っ張ってる感じ。
さすが40PSで、高回転では速いですけどね…

エストレヤを貶してばっかになりますがエストレヤは音や振動が不快になるので早めにシフトアップする、という感じでしたから…。
単気筒観が更新されました。

・ブレーキ

劣化したホーネットよりフィーリングは良い

フィーリングはなかなかでホーネットより軽い力で止まります。

止まりますってもホーネットが悪く感じたのは車重+大荷物のせいかも。

VTRやらYZF-R25やらよりは良く無い。

・サスペンション

悪く無い。

特別良いとは感じませんが悪いとも感じません。
つまり、良いのです。

段差を踏んでガンッと突き上げがあることもなし、ブレーキかけてつんのめることもなし。

意識しないで済むサスペンション。

・サウンド

単気筒サウンドが軽快でグッド

アクセルを開けると回転数によって違う音で楽しませてくれます。単気筒ならだいたいそうだろうけど。

パカパカパカー!って加速してくのは楽しくて発進のたびにアクセルがば開けにしました。

エストレヤのときは全然好きじゃなかったけど、ジクサーの音は楽しいです。

・ハンドリングなど

軽さが効いてる

軽いためヒョイヒョイ倒せます。
軽いことがここまで効くのか!と感じました。

コンビニに入るのも、車線変更するのも、気軽にできます。
軽すぎるということもなく、良い感触でした。

(あまり具体的なこと言ってないね)

・ポジション

足も上半身も楽


足つきは悪めです。ホーネットは両足ベタづき、膝にも余裕があるのに大して、ジクサーは両足つくと拇指球+αくらいしかつかなくて、CB400SFを思い出します。

でも軽いので全然困りません。乗ったままバックもできます。

幅広のフラット気味ハンドルにより上半身は開き気味の直立体勢、下半身は足の曲がりがいままで乗ったどのバイクよりゆるく楽です。

下半身がコンパクトな姿勢とらされると長距離走ると痛くなりますが、小さいくせに楽なポジションを取れるなんて嬉しいです。

排気量から、短距離を軽快に走るだけが用途かと思ってましたが、エンジン性能を考えてもぜんぜん長距離も行けそうです。

・取り回し

軽い

大変軽くてPCX125よりも良く感じました。正直欲しいです。
駐車場でもUターンでもあらゆるところで軽さの恩恵をビシビシ感じられます。

・総評

150ccという排気量を考えると短距離用かと思いがちですが、エンジン性能やポジションを見ると全然長距離も行けそうな出来です。

高速道路や自動車専用道路が走れるのも高ポイント。
しかしその速度域での追い越し追い抜きは全くと言っていいほどアテにしてはなりません。

下道は最高に楽しく、そして車体重量ゆえ気軽です。

下道メインならホーネットから乗り換えても満足できると思います。正直、欲しいです。
次の買い替えに、130kg台以下の軽量な単気筒が候補に入りました。エストレヤにより単気筒が嫌いになり眼中になかったけどその意識を払拭されました。

(でも本州に戻りホーネットに乗ったら「なんだこの精密感は!」「下からちゃんと力あるのに高回転でもっと加速しやがる!」「ギアの感触すごい良い」
とかいろいろ感じました)

日本一周・21日目・沖縄から福岡へ・戦跡めぐり

2017年8月27日
沖縄3日目、最終日。

昨日やっときゃよかったのに今日は主に戦跡めぐりです。
本当は、観光地化されていない野生の戦跡を見たいのですが、散らばってるし見つけにくく探しにくいのでやめ、観光地として整備されたところを見に行きます。

7時40分
まずは首里城…首里城は戦跡じゃないですが、定番なので行かざるを得ない。
二輪の無料駐輪場があるけど、狭いなー。原付基準サイズだと思います。
でもジクサーは小さめなのでOK。出るときも最悪、前からハンドル引っ張れば出てくるでしょう。
ホーネットだと停めるの断念します。(大きいバイクは皆さん歩道に停めてありました。)

8時30分
開門の儀をやってます。

有料エリアは結構高くて800円くらいします。

家族づれが多い観光地はとっても苦手なんですよねー。ゆっくり見られないから。

案の定ゆっくり見られません。

こういうときは資料館やビジターセンターに行きます。客は歳の行った大人ばかりか、それか全然居ないことが期待できます。しかも入館料は無料か500円以下と安いことが多い。

9時20分
玉陵(たまうどぅん)に行きます。ちゃんと変換できますね。

記念スタンプが謎生物でウケます。

人が少なくてサイコーです。310円と安いしね。
資料館はそこそこ。

肝心の玉陵は、すげぇシンプル(婉曲表現)です。これ以外に見るとこはないです。

10時
配ってたパンフレット見てもう一個行きました。でも日曜で休みでした。バイクばっか乗ってるので毎日が日曜日状態で曜日感覚ゼロです。

11時
次は旧日本軍司令部壕。
資料館は混んでたので適当に見ました。地下壕はハンパネーよろしいです。特に幕僚の自決した際の手榴弾の破片による壁に残った痕など。

12時10分
もう帰るつもりだったんですが、時間があったので30分ほど10kmくらい離れたひめゆり資料館に。
ここひめゆりの塔の前は献花売りの人が居ます。地元民のフリしてれば声は掛けられません。

第三外科壕。名前がモノモノしい。別に何かあったりはしない。

次にひめゆり資料館。例によって高くは無い。ここも大変よろしい。
けど写真が撮れません。

亡くなった人たちの写真と、その人の評判、その人の死に方を壁一面に飾った部屋があります。
全部読んじゃいました。
<「私は皇国女性だ 殺せ」と米兵に詰め寄り、眉間を撃ち抜かれ死亡>
とか書いてある人が居ました。
撃った米兵は言ってることわかったんでしょうかね?

他には、大腿を撃たれ内臓が出たとかなんとか(航空機の機銃は20ミリとか30ミリとかでかいので、撃たれると内臓ポロリみたいです)まぁ痛そうな話も。

そんなこんなで飛行機の時間15:05が迫っているのでさっさと帰ります。

レンタルバイクは返却時に満タンにしないとダメなのでガソリンスタンドを結構気にします。

飛行機にちゃっちゃと乗ります。15:05-16:50、那覇-福岡。

一番後ろの席だったのですが、隣にはANAの送り返される(バスとかで言えば回送中の)パイロットっぽい人が乗りました。よく寝てた。自分もだけど。

ジクサーが良かったため、ホーネット乗ったらガッカリしないかなと思って居ましたが、ホーネットは速いし乗り心地が高品質・高性能を感じさせますね。
ギアチェンジは剛性感というかシッカリ感が全然違うし、加速も速い、高速道路でもブレないなどなど。

でも低回転からの加速が全然です。(排気量ゆえに低回転でもジクサーよりは絶対的には力ありますけど)
ジクサーはクラッチつないだ時から加速できました。ホーネットは回転をあげてクラッチを繋げばスタートダッシュできます。

帰ってからも47都道府県の制覇のため、長崎県に寄らなくてはなりません。
佐賀市に行くのにグルッと遠回りします。

19時50分
長崎のローソン 佐世保三川内インター店に到着。アイスとか食べます。

21時50分
快活クラブ佐賀本庄店に着。

だけど近くのコインランドリーを物色します。

高いので止めました。

それにしても喫茶店「ギャル」って名前にするか…?

195kmの走行。

日本一周・20日目・沖縄ぐるぐる・電気自動車コムスは運転怖い

2017年8月26日
沖縄2日目。

今日は沖縄観光の日です。

日本軍の残した基地とか兵器とか見たいんだけど、南の島じゃないからそんなに都合よくゴロゴロしてるわけじゃないみたいなので普通に観光します。

まず国頭に行きます。衛星写真を見てもわかるようにこちらは森ばっかです。沖縄は北は森ばっか南は街ばっかです。

6時10分
出発します。やっぱジクサーかっこいいわ安いのに。

なお積載は図のようにタンデムステップとウィンカーステーにネットのフックを掛けてリュックを固定してます。こうするとズレません。(沖縄1日目では高速道路でズレて転落しました。ネットが外れなかったのでちゃんとぶら下がってましたけどね)

6時20分
ヒェ…朝日が眩し過ぎてよく見えない。沖縄の空はいつでも綺麗。不思議です。

朝6時ということもあり、大変快走路。脇道から本道へ出てくる車は、とろとろと出てくるし、こっちの車が見えててても出てくる、という沖縄らしい運転をしてくるので調子に乗ってスピードを出してると衝突します。
ゆえに一見快走路ではありますが、地元の車はバカみたいには飛ばしません。

米軍関係者っぽい人らが大きなバイクをビュンビュン言わして追い越して行きますが…。
沖縄で速いバイクを満足に走らせる場所なんてなさそうなんですけどどこで走らせてるんでしょうね。

7時20分
国頭(くにがみ)の辺戸(へど)岬に着きます。
アメリカ軍関係者っぽい人らが大きなバイクをぶんぶん言わせて法定速度オーバーで追い越して行きましたが、ここに居ました。

いやあ雄大ですね。

奥がそのアメリカ軍っぽいライダー達ですが怖いので近づきません。

7時40分
宇佐浜遺跡に寄りますが遺跡っぽいのは無くてがっかり。
遺跡っつったら大きな丸い岩がゴロゴロ転がってきたり床のスイッチを踏んだら仕掛け吹き矢がピュンピュン飛んで来ないとね。

やっぱり沖縄は空が綺麗だな〜

8時20分
安田くいなふれあい公園ビジターセンター に行くも、まだ閉まってる!

8時50分
途中、食べ物持ち込み禁止のネットカフェでは食べられなかったお菓子を食べます。

10時
ちょうど開館時間まぎわに「東村立山と水の生活博物館」に着きます。

カブトムシの企画展示がやってましたが、ガチャガチャ音がすると思ったら同じ場所に何匹もオスが入れられてるので喧嘩してます。かわいそう。

撮影禁止場所だったので写真はないですが、アカマタというヘビが展示されており、顔を近づけるとケージがあっても噛み付こうとぶつかってくる血気盛んな奴でした。
他のマムシとかは全く無視してくるんですけどアカマタだけ新米だったのでしょうか。

外の自販機横のゴミ箱…やっぱり、さんぴん茶ばっかり!すごい。本当に人気なんだ。

ペットボトルには特徴は見られません。茶や水が多いのは他と同じ。

レンタルしたジクサーは素晴らしいバイクです。下道に限って言えばですが、とても楽しくてラクです。しかも値段が安い。(何回褒めてんだ)

昨日、美ら海水族館の駐車場側で見た、電動カーのレンタル、あれが第一目標ですので次はそちらに向かいます。

12時
その前に今帰仁城跡の見学。
城跡と資料館、どちらも有料です。一枚のチケットで見られます。

やっぱり資料館は静かで人が居なくて最高です。資料館とかビジターセンターとかの看板があると速攻でそっち行くようになりました。

13時20分
海洋博公園側に到着。
さぁ念願のコムスです。
3,240円を払い乗る。

記念撮影…

テスラモータースのEVみたいな加速感の十分の一でもあるかと期待して乗る前はワクワクしてました。一応、モーターっぽい音はしてかっこいいと言えば良いです。

乗って見たら、音はうるさいし、走行安定性はないし、加速力は弱いし、暑いし、
良いところは駐車がしやすい、路駐がしやすい、細い道通りやすい、目立つ、くらいですよ。

何より幹線道路だったら60km/hくらい出す必要がありますが、そんなに出すと短いホイールベースのせいかグラグラして怖いです。レースのオンボード映像だと、ただの直線でもハンドルをがくがく左右に動かしてますよね?イメージとしてはあんな感じになります。怖いです。

レンタルしたジクサーと比べたら、ヘルメットと手袋とその他装備がいらないってくらい。あと積載性…。
ジクサーの方が何倍も楽しくてラク。
コムスはサイドのドアが無いので、直射日光が腕に当たるので日焼け対策は結局必要です。

見た目はかわいいけど買う可能性は万に一つもありませんね。

でもとても良い経験ができました。3,240円の価値はあります。

あとは風呂入って寝ます。

17時20分
そこから50kmの健康サウナ美原に行きます。

ここはゴルフ練習場併設のため、男性しか入れません。(女性用は作っても来ないから?)

ここに行く途中、眠すぎてなんどもガードレールや対向車線に突っ込みそうになりました。
うとうとしてて気づいたらあと10kmのとこまで来てました。
(もうこんな運転したくないです。大反省)

18時50分
快活クラブ沖縄ゴザ店に到着。ここに眠る。


走行距離205km、7時間30分。

VTR-Fレンタル試乗のインプレ(VTR二回目のレンタル)

GSR250とVTR250、どちらにしようか本当に悩んでいるので金の無駄とは思いつつ、2回めのレンタルをしてきました。
2015年式、ラジアルタイヤになってる年式のVTR-Fです。ODOは7000km台。
走行距離は計り忘れた。

GSR250と比較しつつのインプレ。GSR250のレンタルの記事はこちら。
1回めのVTR250のレンタルはこっち。

・エンジン

250の二気筒では滑らかな方。

確かに振動もマイルドで、回転も滑らかな方ではあるけど、GSR250には負けます。
自然にレッドゾーンまで回るGSRとは違い、7000-8000回転くらいから上はあんまり回す気しません。(自然には…。走るぞォッという時にはちゃんと使う気が起きる程度の感じ)

ただ、力はGSR250よりあるような感じです。低回転からグングン加速してくれます。
けど、GSR250はレッドゾーンまでシュンシュン回るけど、VTRはそうじゃないからトレードオフですかね。

・外観

かっこいい〜。

2015年式はホイールがブロンズに塗装されてて高級感あります。前回のVTRのインプレでは安っぽいと評しましたが、一番安っぽさを感じた原因のブレーキフルードのリザーバータンクが別な奴に変わってて、塗装が綺麗になってました。刻印も変わってた。

VTRは高級路線に舵を切ったんでしょうかね。

手のひらを返すようでアレですが、安っぽさは感じませんでした。むしろ高級感が…あれ?

トラスフレームに挟まれたV型エンジン、メカのかっこよさを最大限生かした大変良いデザイン。
一番最初にカッコイイと感じたバイクがVTRなんでこういうデザインが好きなのかも。

・ギア、シフト

エンジンから響くゴン!確かな感触。

乗ったことのあるMTバイクの中(VTR, CB400SF, YZF-R25, GSR250, エストレヤ)の中でも良い方だと思います。
しかしGSR250の方が感触や音は好きですね。GSR250は250ccらしからぬ音と感触です。
VTRは細やかな造りがいい感じの音や感触です。

・ブレーキ

よく効く。安定して止まれる。が急ブレーキ時の動きが…

ラジアルタイヤのおかげなのか、GSR250より若干、ビタッと地面に張り付いたような安定したブレーキング…なのですが、急ブレーキするとなんていうか後ろがロックしやすいような気がします。
(車両によって適切な前後のブレーキ力の配分が違うというのもあります)

・サスペンション

エストレヤよりは安定している程度


GSR250なみの安定感とは言えません。
エストレヤよりは良いです。(前回VTRをレンタルした時と言ってることが違いますが…)
YZF-R25より悪い。(YZF-R25はかなり良かったので)

小さい凸凹なら適当にいなしてくれますが、路面全体のうねりなどはボンゴボンゴと揺さぶられてしまいます。

衝撃って積もり積もって結構疲労の原因になってると思います。
疲労がたまると楽しめない、事故増えると良いことないです、帰るの面倒になって遠出したくなくなるし。

・サウンド

まぁまぁかっこいい。

YZF-R25よりは好みですが、GSR250ほどかっこいい音がしません。
GSR250はシュウウ〜ン…とか減速時にヒュオオーン(だっけかな?)とか好きな音がするのですが、
VTRは割とそういうの無しです。減速時には目立った音がしませんし…。
まぁそれでもかっこいいと言えば良いのですが、GSR250の方が断然好きです。

・ハンドリングなど

ラジアルタイヤのおかげ?ネットリと路面にくっつくようなハンドリング

前回のVTRのレンタルでは、自転車のように軽いコーナリングだっと感じましたが、今回は全然そんな気がしませんでした。
VTR-Fゆえの違いなのか、それともラジアルタイヤのせいなのかはわかりませんが、なんていうか地面にへばりつくようなハンドリングっていうか、コーナリング途中で容易に進路を変えられない気がしました。

すげー良いとも感じませんでしたが別に悪いとも感じてません。

・ポジション

前傾度は良いけどヒザが曲げすぎで痛い

何と言ってもステップの位置…。ちょっと後ろ過ぎない?責める人にはちょうど良いのでしょうかね…。
普通のバイクの感覚でステップを探すと、ブレーキレバーやチェンジペダルに足を置いちゃいます。(実際初めは間違えた)
後ろなだけなら良いけど膝を曲げる角度がキツくて困ります。

前回のレンタルでも同じこと言いましたが、あの時は膝のプロテクターで締め付けられたせいかな?と思ったので今回はただのズボンにオーバーパンツだけで走りましたが、やっぱり、バックステップすぎて膝が急角度で曲げられて長時間乗ると痛いです。

痛いっていうか力が入らなくなる倦怠感というか…とりあえず膝を曲げた状態で長時間乗ってるせいなのは確実だと思います。

エストレヤは膝は大体90度であまり曲げないで済むし、シートはひどく(?)ふかふかで長時間乗ってても痛くなったりしません。エストレヤはここは優秀です。

・取り回し

意外と重かった

前回のレンタル時は軽い印象を受けていましたが、普通にずっしりしてたんですけど…。なんで?
平地で無風で無積載なのに。VTR-Fでも素のVTRとそんなに重さ変わらないと思うのですけどね。

ピッカピッカに磨かれてたから、倒しちゃまずいというプレッシャーがそう感じさせたのか?

・総評

ルックスと、ちょっと+のパワー、ブランド(ホンダ、国産、昔ではレーシング扱いだったエンジン)、リセールバリューを除けば選ぶ理由はない

(あくまでこれは自分の感想ですよ!)
自分としては、VTRにあってGSR250にないのは、かっこいい見た目と、最高出力、誇り(ホンダ製、日本製、昔はレーシングな感じのスポーツバイクに載ってたエンジン)、売却額(GSR250は売ってもスズメの涙らしい)、です。

ウーン、悩む。

・かっこいい見た目は…まぁ自分の心が決めるものです。
・最高出力は…その最高出力を常に発生できるかどうかを考えるとまぁ自ず重要度はわかるかなと。
・誇りは…やっぱ自分の心と相談
・売却額…乗りつぶすつもりかどうかで決まる

あと膝がきついのはどうしよう…。

GSR250レンタル試乗のインプレ

レンタル819で8時間、GSR250をレンタルしたのでその感想。
ODOは1万kmほど。2013年式のブラック。
172km走行で6.56Lなので、燃費は26.2km/L。

VTRかGSR250に買い替えようと思ったのでそのためのレンタル。250限定なのは、自分はあまり頻繁にバイクに乗れず、車検あるバイクだと車検通すためだけに所持しているような感じになってしまうから。

GSR250は中国製で、値段が安くて、スペックはパッとしない。というわけで敬遠する人も多いと思います。
しかし実際乗ってみると恐ろしくよくできたバイクです。250クラスで一番良いバイクかも。(見た目以外。)

・エンジン

250クラスで一番優秀かも?!

滑らかにシュンシュンと回る素晴らしいエンジン。
低回転では滑らかかつゆったりと走れる。
高回転ではパワフルで軽くレッドゾーンまで回ってしまう、素晴らしいエンジン(二回目)。
オマエは直4か?!と借りてすぐ笑ってしまったほど。

と言っても、そんなに期待はしないでくださいね。他社の250ツインと比べると圧倒的に良さは感じられるとは思いますが。

2気筒だなっと感じるのは、走り出しや渋滞時の極低回転時くらいです。
4000か5000回転も回ってればもうシュンシュン高性能で精密な回り方を感じると思います。

なお7, 8000回転以上出てれば、アクセルをガバッと開けるとグンッと加速してくれます。これはいい。(でも250ccなのでそこまで絶対的な加速力は期待しないでね。)

YZF-R25の試乗インプレもしましたが、YZF-R25より確実に素晴らしいエンジンだと自信を持って言えます!
R25はちょっと回すと振動と音がね…回すとGSRより速いかもしれないけど、その回転数を維持するのが苦痛だったので…。GSR250は高回転に楽に到達でき、維持も楽。

低回転のエンスト耐性は、2000回転くらいになるとエンジンが少し苦しみだすのがわかる程度。優秀。

こんな素晴らしいエンジン、新型GSX-R250に載るらしいけど一世を風靡してしまうのではないかと心配になります。

・外観

あんまり好きじゃないけど、安っぽくはない。錆びやすくもない。

タンクの蓋がすごくちゃんとしてて、手抜き感や安っぽさはみられない。(高級車と比較しちゃダメ!)
マフラーなどもちゃんとかっこいい造形で、いい加減なところは見当たらない…。
中国製のだけどちゃんとしていて、xx製だから…などというイメージをいつまでも引きずっていると時代遅れになる。

錆びやすいわけでもないようで、ハンドルの一部やブリッジの一部、エキパイ・マフラーのつなぎ目などが少し錆びていた程度。
1万km走行でレンタルバイクでボコボコにされていてこれなら、まぁ耐久性もあると思います。

・ギア、シフト

ガチャコン!確かな感触。音。大変よい。かなり良い。

今までレンタルしたどのバイクよりも良いと思います!
ギアは入りもよく音も感触もバッチリ。
レンタルした250の中だとVTRもなかなか良いけどGSRの方がもしかしたら良いかも。
エストレヤは音はあまりしないがゴクンという感触ははっきりしていてまあまあ良い感じ。
YZF-R25は信じられないくらい悪かった…壊れてたのかな…ブニブニした硬いゴムを蹴っ飛ばしてるような感触で、ギアが入ったかどうかさっぱりわからなかった。

・ブレーキ

特に特徴なし。不安なく安定して止まれる。

特にないけど、きちんと不安なく安定して止まれます。ということは優秀なのです…!
エストレヤよりはよく効くかなと思います。

・サスペンション

こいつ何者だ…恐ろしい安定感。

エストレヤは尻で路面のうねりがわかります。
GSR250だとそれを全く感じません。
道路補修跡など、進行方向と平行にある凸凹だとエストレヤは右か左に動いてしまうのですが、GSR250だとほとんどない(サスというかハンドリングの話ですが)

YZF-R25もかなり良かった記憶がありますが、GSR250も半端なく良いです。

・サウンド

なんでこんなにかっこいいの?シュウ〜ン!ドヒュ〜ン…

やばいかっこいいです。高回転の時やアクセルオフで減速する時の音など、直4エンジンみたいな音が一部します。
見た目はそんなにカッコよくないですが音はすごくかっこいい。
YZF-R25に断然まさってます。エストレヤは勝負にならん…。VTRもかっこよかった記憶があるけど、GSRには敵わないかも。

・ハンドリングなど

直進安定性半端ねえ。コーナリングもちゃんとこなす。時々アンダーステア気味。

直進安定性が半端なくて、エストレヤと違って上に座ってるだけで走ってきます。自動運転かよっ。

コーナリングが犠牲になってるかというとそんなことはなく、そっちを見てるだけで自動的に走ってって、自動運転かよっ?
(注:250では、の話。CB400SFも安定していて楽でした。大きいバイクはこれが普通なのかな。ショックは結構抑えられてなかった覚えがあるけど…。)

ただ、交差点を直角に曲がろうとするときなど、スピード出してるとちょっと膨らみすぎる気がします。アンダーステアっていうか…。でも慣れればGSRにあった乗り方ができるのか、全然綺麗に気持ちよく曲がれるんですが。
VTRなどは自転車並みにギュインと良く曲がれるのですが、GSR250は普通に曲がるって感じです。
YZF-R25はギュインってわけじゃないですが、速度が出ていても普通に曲がれてしまいます。

・ポジション

若干の前傾で、普通のネイキッド。足も窮屈ではない。

特にいうことはないです。窮屈でないし、楽です。

・取り回し

割と重いがCB400SFよりは軽いと思う。風が吹くと困る

エストレヤ自体があまり軽く感じないのもあってそんなにGSR250が特に重いとは感じません。
ただ、信号待ちの時に風が吹くと、足つきがそんな抜群に良くないのもあって、おっとっとぉ?!となってしまいます。(走行中は、風が吹いてもあまり動かないですが)
こういうシーンでは重さを存分に感じることができちゃいます。エストレヤやVTRは軽さと足つきの良さで楽勝なんですが…。
YZF-R25はあぜ道に迷い込みヒイコラ言いながら道路に出したのと、平らな道路で足でバックさせてUターンしたときに、なぜか重さを感じました…。風は吹かなかったので不明。

・総評

停車している時の若干の重さと、ルックスを除けばとっても良いバイク。欲しい。

ネットの情報などを見ますと、GSR250のスペックや値段だけを見て、安いだけのポンコツ中華バイクだと思ってるような意見が散見されます。
乗った人のインプレでは絶賛してる意見もあるのですが…。どちらを信じれば良いか?乗ってみれば良いのです!

実際に乗ってみるまで半信半疑ですが、GSR250はおっそろしく良いバイクです。(こういう表現をしてあまり過大な期待を持たれないか心配ですが)
GSR250がもっとかっこよくて軽かったら、Ninja250とかのフルカウル250なんか打ち負かして一時代を築いていたかもしれない、と勝手に思います。

スペックを見て、GSRのネーミングは無いでしょーって思ったけど、乗ってみるとやっぱちゃんとGSRだ!と感じました。(GSRは250以外乗ったことが無いんですがね…)

「なんかダサいし今時SOHCで24PSとか正気かよー」って思ってる人、ぜひ一度乗って見てください。
スペックからその車種を判断することなんてなかなかできないことがわかります!過去にこんな過ちを犯しといてなんですけど。

GSR250は、250をメインとして持つ場合はとてもいいバイクですが、大型との二台持ちの場合は、性格を異にする軽い車種を選んだ方が別々な性格を楽しめていいと思います。

関係ないけど、その後エストレヤに乗ったら、単気筒だからやっぱり低速トルクが強いことが確認できました。着座位置、低っ。後、意外と楽しく乗れました。
振動もエンブレも思ったほど無いし…。
エストレヤは、低いギアで加速->早めに上のギアに入れて3~4000回転でその速度を維持…っていう乗り方が楽しいことに気づきました。今更!
あと、回転がぜんっぜん上がらない!GSR250はシューン!とレッドまで上がるのに。
音もかっこよくない…。姿勢的に首というか肩がこる…。(なんで?)

YZF-R25・レンタル試乗のインプレ

V型二気筒と、並列二気筒エンジンの比較をするためYZF-R25をレンタル。

ODOは9000km。

・エンジン

VTRと比較して振動はあるが加速力も少し上。7000回転くらいまでは楽に走れ、9000回転くらいからは振動と音がうるさい。VTRより低速に強く乗りやすい。

VTRはわりと低回転でエンストしやすい感じでしたが、こちらはなかなかエンストしません。結構違うのですねぇ。並列とV型の違いなのかな?
乗りやすさでいったらYZF-R25のエンジンのほうが乗りやすいはずです。

VTRよりも、高回転側で9000回転くらいからビリビリとした振動がハンドルに…。

しかし。高回転型にしたツケか、アクセル開けてんのに進まないな?と感じる回転数があります。中間の回転数で、何回転か忘れたけど…。トルクの谷ってやつ?

VTRだとそういうのはなかったですね。

回転のなめからさはVTRのほうが上です。

私としては振動のなさでVTRのほうが好きです。低速ではYZF-R25よりエンストしやすいけど。
(実際にエンストはしてませんが、低回転でガックンガックンなるとVTRのはビビります。滑らかだったのがいきなりガクガクするから。)

YZF-R25は高回転型ではあるようですが7000回転までで十分な加速が得られ、そこまでなら振動も大丈夫です。VTRよりは少しあると感じるけど。

・外観

安っぽくもないし高級感もない。普通のかっこよさ。ただ、アホな車にあおられにくくなる。



同じ日に乗ったPCX125と比べてぜんぜん違うのは、アホな車にあおられにくいってこと。
えー。こんなの実感しちゃったら、もうフルカウルのはやそーなバイクにしか乗れなくなっちゃうよ。

エストレヤは真後ろからみると原付みたいに見えます。
VTRは人が乗ってる状態は注視したことないけど、テールカウルのサイズとテールランプの形のおかげなんか小さくみえちゃう…。

・ギア、シフト

VTRよりフィーリング悪い!けど入りにくかったりは全然ない。


エストレヤみたいに自然に入ります。特に工夫も入りません。
が、VTRよりフィーリング悪い。クラッチもですけど。
入った感触、VTRは明確にゴクンと入るのですが…。

あとねー…自分の操作が悪いんでしょうが、シフトダウンするとリアタイヤがギュッギュと滑ることがあります
ブリッピングとかは一応したつもりでも、回転数が合ってないんでしょうね…

VTRやCB400SF、エストレヤではこういうことにならずシフトダウンできてるんですが、もっとちゃんと回転数見て合わせたりしなきゃダメなのかな。

・ブレーキ

VTRと同じかそれより上。指一本でも止まれる。


指一本でも止まれるというのは、ほんとに指一本じゃむりですよ?リアブレーキペダルを踏むのに足も必要だから。

が、なかなか良いと感じました。

・サスペンション

いままで乗ったなかでイチバン衝撃がこない。


凹凸を踏んでも、…ボ…くらいの振動しかなくてサイコーです。
いままでレンタルした中で一番よいです!
楽しくて積極的に凹凸を踏みにいきました。

しかし、コーナリング中にギャップを踏んだら尻が滑りそうになりました。やりすぎはいけなかった。

・サウンド

悪く無いしうるさすぎないが、エンジンから聞こえるメカノイズや吸気音みたいなののカッコよさはVTRに負ける。


うーん、VTRのほうが好き。
高回転まで回すとたしかにギュオおおおおおおんとカッコよさげな音でますけど。

・ハンドリングなど

コーナリングはさすがにやりやすい。

VTRよりもね、同じ角度に傾けたまんまグーンとコーナリングしてくのは得意みたいです。そこは楽しい。

ただ、塊感というかなんというかはコロッと動かしやすいVTRのほうが上。
軽さや大きさの違いのせいなんでしょうか。YZF-R25の方が新開発だから、マスの集中化とやらが進んでいるのかなとハンドリングに期待していましたが。

・ポジション

前のほうに乗ってればネイキッドみたいなポジション。尻をシートストッパーに押し付けて前傾してると首が痛くなる。

ええ。尻をシートストッパーに押し付けて前傾姿勢を取ってみると、慣れてないせいで首が痛くなります。

このバイクは、どっちかっていうと前のほうに座ってネイキッドみたいなポジションで乗ることを考えてつくられたのでは…となんとなく感じます

そっちのほうがコーナリングしやすかったから…。

・取り回し

VTRより重い。

カタログの重量みりゃわかることですが、体感でもVTRより重く感じます。
というかグラリときやすい。

ナビの案内で田んぼのあぜ道みたいなとこに誘導されて死ぬかと思いました。

・総評

VTRより、平均速度が高いスポーツツアラーって感じです。サスペンションは凹凸を物ともしませんし、70km/h〜80km/h以上で下道を走ってもなんら怖くないです。

警察が怖いか…。

振動がVTRよりあるのと、加速力がスッゲー違うわけではないので、サウンドなども考えるとVTRのほうが好きです。

しかし、VTRは後ろからみると貧弱そうにみえるんですよねー。

YZF-R25は、いいバイクではあるけど、積極的に買うほど好きでもないかな。

PCX125・レンタル試乗のインプレ

次に乗るバイクは、125にダウンサイジングするかもしれない…のでPCX125をレンタルして乗ってきました。
試乗したかったけど近くに店がありませんので。

ODOはたしか4000kmくらいです。2015年式。

・エンジン

250の発進と同じかちょい遅くらい。元気に加速するのは平地では80km/hまで、坂道では60km/hまで。

大多数のバイクのようにアクセル=回転数制御ではなく、このバイクはアクセル=加速を制御って感じ。
バーグマン200は、5000回転まで上げないと進み始めませんでしたが、こいつはアクセルを捻るとすぐ走り出します。
そういうとこもアクセルが加速に直結してるのを感じさせます。
バーグマン200より出だしは速いけど、その後の加速では負けます。
音はとっても静かで、走っているときは振動もぜんぜん無いです。
アクセル全開でも、音や振動などの頑張ってるアピールがぜんぜんなく、疲れません。最高。
アイドリングストップは大変優秀で、イライラはしません。信号待ちで暑かったりうるさかったりしないのが良いです。

・ブレーキ

必要十分。怖いほど効かないというわけではない。安定して停止できる。指一本は無理。4本欲しいかも。

後ろドラムなんで効かないんじゃねーの?と思ってましたが、ぜんぜんそんなこと無いです。
(大きなトラックはドラム式であるように、制動力自体はドラムの方が出せます。コントローラブルさ等でディスクに負けるけど。)

YZF-R25は指一本でも止まれましたが、PCX125は無理です!指2本いや4本欲しい。

止まるとき、停止寸前の速度でもフラフラしないで安定して止まれるのは好印象。フラフラすると疲れます。

・サスペンション

たぶん125ccとしては良い。けどやっぱ衝撃とかけっこう来ます

同じ日にレンタルしたYZF-R25との比較になってしまうのですが、やはり同じ場所走っても、凹凸には弱いです。すごく。
YZF-R25では全く存在を意識せずに済んだ道路補修後のでっぱりとかで、PCX125はボン!とかドカン!とかいう衝撃が来ます。
それによってふらついたりしないので、怖くないのですが、やはり衝撃は衝撃。一度、身構えて無いときにそういうのを踏んで、ぐフぅ。疲れます。
YZF-R25は乗ったことのある250ccのなかでもサスペンションが優秀だったので、それとの比較は、排気量もタイヤサイズも違うPCXには酷ですね。

バーグマン200と互角か、PCX125のほうが有利かも。

・ハンドリング

YZF-R25より簡単に回れる。いままでレンタルしたバイクの中で一番楽しく軽くまがれる。楽しい。80km/hくらいでも安定。

とにかく一度乗ってみましょう。カーブでは軽くてよく曲がります
交差点なんかでは、オーバースピード気味だとちょっと危ないかなと感じました。やっぱりYZF-R25はオーバースピード気味でもグググと曲がっていけましたが、PCXではオーバーステア?というか反対車線に飛んでいっちゃいそうになります。

交差点ではスピード落とすのが当たり前なので、それはおいといて、コーナリングが楽しい!っていう結論になります。
低重心のおかげなのでしょうか?だとしたら、低重心と言われるNC700/750にも乗ってみたくなりますね。

あと、80km/hくらいだしても恐怖感がないです。さすがPCX!!!!!(80km/hまでの加速がいつでもできるとは言ってないけど)

・外観

バーグマン200より上質な見た目。


高級感のある上質な見た目です。ただスクーターなのにハンドルがカバードハンドルじゃなくてパイプハンドルなのが…。
ナビがつけやすいという利点はあります。実用上、こっちのが良いのか。

あと、YZF-R25と違い、アホな車にあおられることがありました。

・取り回し

130kg台の125ccだから250よりは軽い。けど、想像してたほど軽くは無い。

雲のように軽いのを想像してましたが、そんなすっごく軽くもないです。
低重心だから押し引き楽だけど。
130kgのスクーターならこんなもんですかね。

・サウンド

静か〜〜。アクセル全開でも静か〜〜。

いうこと無いです。とっても静か!

・ポジション

足を前に突っ張る乗り方やるときの、足を乗せる場所が狭い。

この斜めになってるとこです。
バーグマン200はやはりゆとりがあったんですね。
PCX125だと、ここから足が半分くらいはみ出ます。
ちゃんと踏ん張れるんで別に良いですけど…。

・その他

防風性能…ショートスクリーンなので心配してましたが、角度が急なおかげか、首あたりまでの風は防いでくれています。
収納…フルフェイスヘル、SHOEI Z-7 は入りません!残念!


・総評

250から125にしても良いかと思ってしまうほど良いバイク

見栄えの問題を考えなけりゃ、最高のバイクかと思われます。燃費は2倍くらい良いし、車体価格も半分まではいかないがそれくらい。走行性能も申し分なし。
しかし、125ccですから坂道での加速は60km/hからぜんぜん伸びないし、二人乗りなんかした日にゃ平地でも進むか怪しいですけど。(私の体重は65kgで、普通くらいです)
しかも高速道路はもちろん、自動車専用道も走れない。
悩みますね。

PCX125のことが好きになった1日でした。


初めてのATバイク感想

車両についてはバーグマン200のレンタルを見てもらうとして、今回は初めてのAT二輪についての感想をば。

・良い点

渋滞などで、他のAT四輪たちがクリープでとろとろ進む中、MTのようにアクセルあおってクラッチつなぎーでギクシャク移動しなくてすむ

・悪い点

ギアチェンジないから、発進したあとはアクセルもペダルも操作しないからずっと手も足も動かさない。
血行が悪くなったのか痛くなった。
ギアチェンジあるバイクだとそのおかけで適度に動かしていたようです。
長距離いくならなるべく動かないほうが楽かというとそうでもないようです。

バーグマン200・レンタル試乗のインプレ

ビッグスクーターも経験しとかなきゃーね…というわけでレンタルしました

スズキ・バーグマン200。
人生初AT二輪でもあります。

・エンジン

アイドリングでは大きな振動!発進加速は5000回転くらいになるからうるさい。しかし加速は良く、回転数上がると振動はなくなってきます!

CB400SF>VTR >= バーグマン200 > エストレヤ でしょうかね。

アイドリングでは、周期の長い振動、ドコドコドコと発生し、ミラーが盛大にぶれます。
走行中は音は静かだし、回転は滑らかで振動はVTRのVツインより少ない気がします。びっくり。

加速は開ければスゥーッと80km/hくらいまで素直に加速します。
1馬力違いの18馬力のエストレヤより加速は速い。速度維持も楽。
発進は、エストレヤではできない、車を引き離す加速ができます。速い車、アクセル踏み込みすぎな車は無理。
ただ、発進が、5000回転でクラッチが繋がってきてようやく実用的な発進加速になるので、ウィイインとなかなかやかましい発進になります。

・ブレーキ

たいへん止まりやすい。使いやすい。

バーグマン200>CB400SF or VTR > エストレヤ ですかね。

スペック的には、今まで乗ったことあるバイクたちに劣りますが、なんのなんの、指一本でも安定して止まれ、けっこういいフィーリングです。
エストレヤはもちろんVTRよりも良いと感じました。

ただこの安定性、もしかしたらバーグマン200ではなくビッグスクーター全般の特性かもしれませんが…

・サスペンション

段差でガンッドンッと衝撃大きい。

エストレヤ > CB400SF > VTR > バーグマン200 ですかね。

同じ道をエストレヤで通りましたが、エストレヤは上手にいなしてるっぽくガンだとかドンだとか衝撃はきません。あんま揺れないし。

・ハンドリング

意外と倒しやすく、曲がる。

VTR >= CB400SF > バーグマン200 > エストレヤ ですかね。

なんつーか自然にサッサッと倒れて曲がるような…
余計な力も入りませんしね。
エストレヤより曲がりやすいです
VTRはうぉおおとびっくりするくらいコテンとなりキュウと曲がるのでそれには負けます

・外観

VTRよりは安っぽくない。

CB400SF or エストレヤ > バーグマン200 > VTR ですかね。

・取り回し

軽い…低重心のせいか大変やりやすい。

バーグマン200 > VTR > CB400SF > エストレヤ ですかね。

エストレヤはふんしょと勢いつけないと前にすすみませんが、こいつは低重心が効いてるのか押せば進みます。
楽さでいえば、バーグマン200>VTR>CB400SF>エストレヤって感じ。

CB400SFが最下位ではないですが、これは坂道や段差を経験すれば変わってしまうかもしれません。200kg近くあるからね。
ただ!メンテナンススタンドが立てられませんでした。力の掛け方がおかしいのかな。

・サウンド

発進がうるさいが、走り出すと静か。かっこよくもかっこわるくもない音。

CB400SF > VTR > エストレヤ or バーグマン200 でしょうか。

かっこいい音もしないが気に触る音もしない。発進は5000回転あたりまでまわすので、その時だけはなかなかうるさく、元気よく発進しようとするとこれは避けられないです。

・その他

スクーター便利〜〜。
手持ちのメットが入るか確認し忘れました。

バーグマン200の純正付属のスクリーン、おでこのあたりまでの風を防いでくれます。大変らく。長方形に切り出した只の板っぽくみえるが実は美しい曲線を描いてます。

・総評

なかなか楽しく、そこそこ速い。取り回しもしやすい。

…と良いことが多いのだけど、あまり積極的に欲しいいとはなりませんでした。発進はさっとクラッチつないでパアーッと行きたい。
バーグマン200ではムィイいいいいんシュルルルルルーむぁーんって感じ。(前述のようにクラッチミートがある程度回転数上がってからだから。)

求めてるものが違うせいだと思う。用途によっては、大変良いバイクであるはずです。

VTR250 (2011)のレンタル試乗のインプレ

次に買うべきなのが、水冷かつ滑らかなタイプの250なのか、それとも余裕がある400なのか判断つきかねるので答えをだすために、250ccでは滑らかだと言われる、VTRをレンタルすることに。

年式2011、走行は4000km。

・エンジン

少なめな振動、かつ十分なパワー。弱めだがはっきり感じるエンブレ。発進時にあっさりエンストしやすい

エストレヤと違い、信号ダッシュで車を引き離すような気持ちのよい加速が楽しめます。
さらに、坂でもパワー不足は感じません。(CB400SF比ではパワーないですが、なさすぎて登りが楽しくねーとはなりません)

高回転までまわすとけっこうな加速力があります。普通はそこまでまわさないですが。

振動もエストレヤより少なく感じますが、帰ってからエストレヤにもちょっと乗ってみたところ、まぁ確かに少ないは少ないけどエストレヤが思ったより振動少なかったのにびっくり。
CB400SFはイージーすぎて心配になるほどでしたが、こいつはちゃんと回転数合わせてのシフトダウンをしないと少しエンブレが効きます。
乱暴にアクセル戻してもよくない。
でもそこらへんはエストレヤより滑らかだと思う。
エンブレと振動は、あればあるほど疲れやすい気がする。

あと、低速耐性は CB400SFよりも当然ないですがエストレヤよりもない気がします。
パラツインよりVツインの方が低速は弱いのでしょうか?
いつも滑らかなエンジンが急にガックンガックンいって教えてくれます。

・外観

正直、高級感はないし安っぽい感じがする

とくにブレーキフルードのリザーバータンクとか
ここは残念なポイントの一つです。
よくまとまったデザインで良いのですが、なんていうか高級感がない…CB400SFのときみたいなオッ…というのがあんまりない。
量産型足バイクですって感じ。市販品は全部量産型ではありますが、ザクとかそういう意味です。
車体の大きさのせいでしょうか?
エストレヤより良くないと感じています。

・ギア、シフト

操作しやすい。小気味いいフィーリング

CB400SFより操作しやすいです。フィーリングはCB400SFのほうが上です。エストレヤはあんまよくないです。よくないっていうか、自然で目立たないフィーリングなんですよね。操作しにくいこともないし。
ただVTRはCB400SFよりエストレヤよりニュートラルにいれにくい。Nなんて止まってゆっくりいれりゃいいから別にいいのですが。

・ブレーキ

止まりやすーい!CB400SFより扱い安い気がする

たぶんVTRが初心者むけの味付けのブレーキとか(実際は不明)、車重が軽いとかのせいもあります。

とまりやすーいと感じました。

・サスペンション

ドッタンバッタン忙しい

エストレヤやCB400SFより、路面の凹凸で衝撃がドカンドカンと来て心が休まらね〜と感じました。
ただ、エストレヤやCB400SFで通った道と違うので、地面が荒れていただけの可能性があります。

・サウンド

ちゃんとカッコ良いしうるさすぎない。反感や顰蹙買うような音でもない

ひゅうう〜ん
だとか
びゅおおお〜ん
だとか
ちゃんとカッコ良いおとがします
CB400SFのヒュルル〜とかしゅいいい〜んとかは聞こえてきませんが、ちゃんとカッコ良い!十分です。
CB400SFはいささかバイク嫌いな人の神経を逆なでしてしまいそうな音なので…。

・ハンドリングなど

扱いやすっ。なんか一つのコロンとした塊のような感じ

エストレヤはなんかばらばらな感じで、タンクと〜エンジンと〜タイヤを〜フレームにのせて〜ハンドルをつけましたぁ!みたいな、感じがします。意味不明ですか?すみません。
エストレヤはなんつーか1つの塊じゃなくて、部品の集合みたいな感じ。べつにそれが悪いことだとは言いませんが、一体感には欠けます。
VTRはエストレヤはもちろんCB400SFよりも、一つの塊って感じでコントロールできます。
横に立っての取り回しは、エストレヤより楽に感じられます。またがってバックとかUターンとかはあんまり変わんない。

走行安定性は、CB400SF>VTR>>エストレヤって感じ。
VTRは、CB400SFを風に弱くした感じ。

・ポジション

膝を曲げる角度が急すぎて、膝がいたくなる…

写真撮ってなくてすみませんが、こいつは膝曲げる角度が急すぎなのか…?
身長は170cm周辺だと思ってください。まぁ数cmは鯖を読みましたが、エストレヤはだいたい90度程度なので痛くもかゆくもないです
CB400SFはそれより急な角度です
VTRはそれらよりももっと急な角度です!!!たぶん!
ほかの部分結構いいなぁと思ってただけに、ステップ交換などで頑張るしかない膝の曲がりは手痛いですね。
ステップ交換って地味に高いから…。

・総評

CB400SFと比較して、こいつに足りないのは高級感と、あと風に対する安定感と、私はそこまで必要とはしないけど鬼のような加速。
それと…膝の余裕!!いたくなってくるよ!
CB400SFも膝はすこし痛くなりましたが、まぁ我慢できる角度です。

休憩多めにはさむかステップ変えるかでどうにかなるのかな

膝の痛ささえなきゃあ、CB400SFを抑えて購入候補のトップに踊り出たかもしれないのですが…。