YZF-R25・レンタル試乗のインプレ

V型二気筒と、並列二気筒エンジンの比較をするためYZF-R25をレンタル。

ODOは9000km。

・エンジン

VTRと比較して振動はあるが加速力も少し上。7000回転くらいまでは楽に走れ、9000回転くらいからは振動と音がうるさい。VTRより低速に強く乗りやすい。

VTRはわりと低回転でエンストしやすい感じでしたが、こちらはなかなかエンストしません。結構違うのですねぇ。並列とV型の違いなのかな?
乗りやすさでいったらYZF-R25のエンジンのほうが乗りやすいはずです。

VTRよりも、高回転側で9000回転くらいからビリビリとした振動がハンドルに…。

しかし。高回転型にしたツケか、アクセル開けてんのに進まないな?と感じる回転数があります。中間の回転数で、何回転か忘れたけど…。トルクの谷ってやつ?

VTRだとそういうのはなかったですね。

回転のなめからさはVTRのほうが上です。

私としては振動のなさでVTRのほうが好きです。低速ではYZF-R25よりエンストしやすいけど。
(実際にエンストはしてませんが、低回転でガックンガックンなるとVTRのはビビります。滑らかだったのがいきなりガクガクするから。)

YZF-R25は高回転型ではあるようですが7000回転までで十分な加速が得られ、そこまでなら振動も大丈夫です。VTRよりは少しあると感じるけど。

・外観

安っぽくもないし高級感もない。普通のかっこよさ。ただ、アホな車にあおられにくくなる。



同じ日に乗ったPCX125と比べてぜんぜん違うのは、アホな車にあおられにくいってこと。
えー。こんなの実感しちゃったら、もうフルカウルのはやそーなバイクにしか乗れなくなっちゃうよ。

エストレヤは真後ろからみると原付みたいに見えます。
VTRは人が乗ってる状態は注視したことないけど、テールカウルのサイズとテールランプの形のおかげなんか小さくみえちゃう…。

・ギア、シフト

VTRよりフィーリング悪い!けど入りにくかったりは全然ない。


エストレヤみたいに自然に入ります。特に工夫も入りません。
が、VTRよりフィーリング悪い。クラッチもですけど。
入った感触、VTRは明確にゴクンと入るのですが…。

あとねー…自分の操作が悪いんでしょうが、シフトダウンするとリアタイヤがギュッギュと滑ることがあります
ブリッピングとかは一応したつもりでも、回転数が合ってないんでしょうね…

VTRやCB400SF、エストレヤではこういうことにならずシフトダウンできてるんですが、もっとちゃんと回転数見て合わせたりしなきゃダメなのかな。

・ブレーキ

VTRと同じかそれより上。指一本でも止まれる。


指一本でも止まれるというのは、ほんとに指一本じゃむりですよ?リアブレーキペダルを踏むのに足も必要だから。

が、なかなか良いと感じました。

・サスペンション

いままで乗ったなかでイチバン衝撃がこない。


凹凸を踏んでも、…ボ…くらいの振動しかなくてサイコーです。
いままでレンタルした中で一番よいです!
楽しくて積極的に凹凸を踏みにいきました。

しかし、コーナリング中にギャップを踏んだら尻が滑りそうになりました。やりすぎはいけなかった。

・サウンド

悪く無いしうるさすぎないが、エンジンから聞こえるメカノイズや吸気音みたいなののカッコよさはVTRに負ける。


うーん、VTRのほうが好き。
高回転まで回すとたしかにギュオおおおおおおんとカッコよさげな音でますけど。

・ハンドリングなど

コーナリングはさすがにやりやすい。

VTRよりもね、同じ角度に傾けたまんまグーンとコーナリングしてくのは得意みたいです。そこは楽しい。

ただ、塊感というかなんというかはコロッと動かしやすいVTRのほうが上。
軽さや大きさの違いのせいなんでしょうか。YZF-R25の方が新開発だから、マスの集中化とやらが進んでいるのかなとハンドリングに期待していましたが。

・ポジション

前のほうに乗ってればネイキッドみたいなポジション。尻をシートストッパーに押し付けて前傾してると首が痛くなる。

ええ。尻をシートストッパーに押し付けて前傾姿勢を取ってみると、慣れてないせいで首が痛くなります。

このバイクは、どっちかっていうと前のほうに座ってネイキッドみたいなポジションで乗ることを考えてつくられたのでは…となんとなく感じます

そっちのほうがコーナリングしやすかったから…。

・取り回し

VTRより重い。

カタログの重量みりゃわかることですが、体感でもVTRより重く感じます。
というかグラリときやすい。

ナビの案内で田んぼのあぜ道みたいなとこに誘導されて死ぬかと思いました。

・総評

VTRより、平均速度が高いスポーツツアラーって感じです。サスペンションは凹凸を物ともしませんし、70km/h〜80km/h以上で下道を走ってもなんら怖くないです。

警察が怖いか…。

振動がVTRよりあるのと、加速力がスッゲー違うわけではないので、サウンドなども考えるとVTRのほうが好きです。

しかし、VTRは後ろからみると貧弱そうにみえるんですよねー。

YZF-R25は、いいバイクではあるけど、積極的に買うほど好きでもないかな。

PCX125・レンタル試乗のインプレ

次に乗るバイクは、125にダウンサイジングするかもしれない…のでPCX125をレンタルして乗ってきました。
試乗したかったけど近くに店がありませんので。

ODOはたしか4000kmくらいです。2015年式。

・エンジン

250の発進と同じかちょい遅くらい。元気に加速するのは平地では80km/hまで、坂道では60km/hまで。

大多数のバイクのようにアクセル=回転数制御ではなく、このバイクはアクセル=加速を制御って感じ。
バーグマン200は、5000回転まで上げないと進み始めませんでしたが、こいつはアクセルを捻るとすぐ走り出します。
そういうとこもアクセルが加速に直結してるのを感じさせます。
バーグマン200より出だしは速いけど、その後の加速では負けます。
音はとっても静かで、走っているときは振動もぜんぜん無いです。
アクセル全開でも、音や振動などの頑張ってるアピールがぜんぜんなく、疲れません。最高。
アイドリングストップは大変優秀で、イライラはしません。信号待ちで暑かったりうるさかったりしないのが良いです。

・ブレーキ

必要十分。怖いほど効かないというわけではない。安定して停止できる。指一本は無理。4本欲しいかも。

後ろドラムなんで効かないんじゃねーの?と思ってましたが、ぜんぜんそんなこと無いです。
(大きなトラックはドラム式であるように、制動力自体はドラムの方が出せます。コントローラブルさ等でディスクに負けるけど。)

YZF-R25は指一本でも止まれましたが、PCX125は無理です!指2本いや4本欲しい。

止まるとき、停止寸前の速度でもフラフラしないで安定して止まれるのは好印象。フラフラすると疲れます。

・サスペンション

たぶん125ccとしては良い。けどやっぱ衝撃とかけっこう来ます

同じ日にレンタルしたYZF-R25との比較になってしまうのですが、やはり同じ場所走っても、凹凸には弱いです。すごく。
YZF-R25では全く存在を意識せずに済んだ道路補修後のでっぱりとかで、PCX125はボン!とかドカン!とかいう衝撃が来ます。
それによってふらついたりしないので、怖くないのですが、やはり衝撃は衝撃。一度、身構えて無いときにそういうのを踏んで、ぐフぅ。疲れます。
YZF-R25は乗ったことのある250ccのなかでもサスペンションが優秀だったので、それとの比較は、排気量もタイヤサイズも違うPCXには酷ですね。

バーグマン200と互角か、PCX125のほうが有利かも。

・ハンドリング

YZF-R25より簡単に回れる。いままでレンタルしたバイクの中で一番楽しく軽くまがれる。楽しい。80km/hくらいでも安定。

とにかく一度乗ってみましょう。カーブでは軽くてよく曲がります
交差点なんかでは、オーバースピード気味だとちょっと危ないかなと感じました。やっぱりYZF-R25はオーバースピード気味でもグググと曲がっていけましたが、PCXではオーバーステア?というか反対車線に飛んでいっちゃいそうになります。

交差点ではスピード落とすのが当たり前なので、それはおいといて、コーナリングが楽しい!っていう結論になります。
低重心のおかげなのでしょうか?だとしたら、低重心と言われるNC700/750にも乗ってみたくなりますね。

あと、80km/hくらいだしても恐怖感がないです。さすがPCX!!!!!(80km/hまでの加速がいつでもできるとは言ってないけど)

・外観

バーグマン200より上質な見た目。


高級感のある上質な見た目です。ただスクーターなのにハンドルがカバードハンドルじゃなくてパイプハンドルなのが…。
ナビがつけやすいという利点はあります。実用上、こっちのが良いのか。

あと、YZF-R25と違い、アホな車にあおられることがありました。

・取り回し

130kg台の125ccだから250よりは軽い。けど、想像してたほど軽くは無い。

雲のように軽いのを想像してましたが、そんなすっごく軽くもないです。
低重心だから押し引き楽だけど。
130kgのスクーターならこんなもんですかね。

・サウンド

静か〜〜。アクセル全開でも静か〜〜。

いうこと無いです。とっても静か!

・ポジション

足を前に突っ張る乗り方やるときの、足を乗せる場所が狭い。

この斜めになってるとこです。
バーグマン200はやはりゆとりがあったんですね。
PCX125だと、ここから足が半分くらいはみ出ます。
ちゃんと踏ん張れるんで別に良いですけど…。

・その他

防風性能…ショートスクリーンなので心配してましたが、角度が急なおかげか、首あたりまでの風は防いでくれています。
収納…フルフェイスヘル、SHOEI Z-7 は入りません!残念!


・総評

250から125にしても良いかと思ってしまうほど良いバイク

見栄えの問題を考えなけりゃ、最高のバイクかと思われます。燃費は2倍くらい良いし、車体価格も半分まではいかないがそれくらい。走行性能も申し分なし。
しかし、125ccですから坂道での加速は60km/hからぜんぜん伸びないし、二人乗りなんかした日にゃ平地でも進むか怪しいですけど。(私の体重は65kgで、普通くらいです)
しかも高速道路はもちろん、自動車専用道も走れない。
悩みますね。

PCX125のことが好きになった1日でした。


鬼怒川・日光ツーリングbyエストレヤ

道中、ライジャケの開けてた胸元にぶち当たって服の中に何か入ってきました…

ギョッとして停車し確認すると…

アブでした。まだ生きてました。ライジャケはのチャックは上まできちんと閉めようと心に誓いました。

ハイ、日光東照宮の手前に到着。駐車場に入るためか、なんなのか、行き方向の車線だけ恐ろしく長い渋滞だったため、Uターンします。

次は鬼怒川へ行きます。
鬼怒川は廃墟がたくさんあって好きですが、道が狭い上に車・歩行者ともに交通量が多い難所です。


扉は開いていましたが、中に入ると犯罪になるのでやめました。

帰り道、何台かの車にガンガン煽られました。譲ったあと、追いかけてみると、また行った先で別な車をガンガン煽ってました。
私の走り方に問題があるのではなく、煽る側がおかしいんだな…と確認できてほっとしましたが、そういう人が多すぎます…。
なぜさっさと追い抜きや追い越しをしていかないのでしょうか…。

性能に余裕がある乗り物だと煽られても勝手にヤッテロで済ませられますが、加速、制動ともに余裕ありとは言えないエストレヤだとストレスMAXです。

原2か400に乗り換えるかもしれないですねェェェェェェ。ェストレヤは悪くないのに。

それと、スロットルアシストをつけてみましたが、これは大変良いものです。私のエストレヤだけかもしれませんがなんだかエストレヤはスロットルが重いのですが、それによる困難を解消してくれます。


ODO:2700km

エストレヤだとレンタルしたVTRやCB400SFより段違いに疲労します…。
たぶんライポジや振動のせいだと思う

バーグマン200・レンタル試乗のインプレ

ビッグスクーターも経験しとかなきゃーね…というわけでレンタルしました

スズキ・バーグマン200。
人生初AT二輪でもあります。

・エンジン

アイドリングでは大きな振動!発進加速は5000回転くらいになるからうるさい。しかし加速は良く、回転数上がると振動はなくなってきます!

CB400SF>VTR >= バーグマン200 > エストレヤ でしょうかね。

アイドリングでは、周期の長い振動、ドコドコドコと発生し、ミラーが盛大にぶれます。
走行中は音は静かだし、回転は滑らかで振動はVTRのVツインより少ない気がします。びっくり。

加速は開ければスゥーッと80km/hくらいまで素直に加速します。
1馬力違いの18馬力のエストレヤより加速は速い。速度維持も楽。
発進は、エストレヤではできない、車を引き離す加速ができます。速い車、アクセル踏み込みすぎな車は無理。
ただ、発進が、5000回転でクラッチが繋がってきてようやく実用的な発進加速になるので、ウィイインとなかなかやかましい発進になります。

・ブレーキ

たいへん止まりやすい。使いやすい。

バーグマン200>CB400SF or VTR > エストレヤ ですかね。

スペック的には、今まで乗ったことあるバイクたちに劣りますが、なんのなんの、指一本でも安定して止まれ、けっこういいフィーリングです。
エストレヤはもちろんVTRよりも良いと感じました。

ただこの安定性、もしかしたらバーグマン200ではなくビッグスクーター全般の特性かもしれませんが…

・サスペンション

段差でガンッドンッと衝撃大きい。

エストレヤ > CB400SF > VTR > バーグマン200 ですかね。

同じ道をエストレヤで通りましたが、エストレヤは上手にいなしてるっぽくガンだとかドンだとか衝撃はきません。あんま揺れないし。

・ハンドリング

意外と倒しやすく、曲がる。

VTR >= CB400SF > バーグマン200 > エストレヤ ですかね。

なんつーか自然にサッサッと倒れて曲がるような…
余計な力も入りませんしね。
エストレヤより曲がりやすいです
VTRはうぉおおとびっくりするくらいコテンとなりキュウと曲がるのでそれには負けます

・外観

VTRよりは安っぽくない。

CB400SF or エストレヤ > バーグマン200 > VTR ですかね。

・取り回し

軽い…低重心のせいか大変やりやすい。

バーグマン200 > VTR > CB400SF > エストレヤ ですかね。

エストレヤはふんしょと勢いつけないと前にすすみませんが、こいつは低重心が効いてるのか押せば進みます。
楽さでいえば、バーグマン200>VTR>CB400SF>エストレヤって感じ。

CB400SFが最下位ではないですが、これは坂道や段差を経験すれば変わってしまうかもしれません。200kg近くあるからね。
ただ!メンテナンススタンドが立てられませんでした。力の掛け方がおかしいのかな。

・サウンド

発進がうるさいが、走り出すと静か。かっこよくもかっこわるくもない音。

CB400SF > VTR > エストレヤ or バーグマン200 でしょうか。

かっこいい音もしないが気に触る音もしない。発進は5000回転あたりまでまわすので、その時だけはなかなかうるさく、元気よく発進しようとするとこれは避けられないです。

・その他

スクーター便利〜〜。
手持ちのメットが入るか確認し忘れました。

バーグマン200の純正付属のスクリーン、おでこのあたりまでの風を防いでくれます。大変らく。長方形に切り出した只の板っぽくみえるが実は美しい曲線を描いてます。

・総評

なかなか楽しく、そこそこ速い。取り回しもしやすい。

…と良いことが多いのだけど、あまり積極的に欲しいいとはなりませんでした。発進はさっとクラッチつないでパアーッと行きたい。
バーグマン200ではムィイいいいいんシュルルルルルーむぁーんって感じ。(前述のようにクラッチミートがある程度回転数上がってからだから。)

求めてるものが違うせいだと思う。用途によっては、大変良いバイクであるはずです。

初めてのATバイク感想

車両についてはバーグマン200のレンタルを見てもらうとして、今回は初めてのAT二輪についての感想をば。

・良い点

渋滞などで、他のAT四輪たちがクリープでとろとろ進む中、MTのようにアクセルあおってクラッチつなぎーでギクシャク移動しなくてすむ

・悪い点

ギアチェンジないから、発進したあとはアクセルもペダルも操作しないからずっと手も足も動かさない。
血行が悪くなったのか痛くなった。
ギアチェンジあるバイクだとそのおかけで適度に動かしていたようです。
長距離いくならなるべく動かないほうが楽かというとそうでもないようです。

VTR250 (2011)のレンタル試乗のインプレ

次に買うべきなのが、水冷かつ滑らかなタイプの250なのか、それとも余裕がある400なのか判断つきかねるので答えをだすために、250ccでは滑らかだと言われる、VTRをレンタルすることに。

年式2011、走行は4000km。

・エンジン

少なめな振動、かつ十分なパワー。弱めだがはっきり感じるエンブレ。発進時にあっさりエンストしやすい

エストレヤと違い、信号ダッシュで車を引き離すような気持ちのよい加速が楽しめます。
さらに、坂でもパワー不足は感じません。(CB400SF比ではパワーないですが、なさすぎて登りが楽しくねーとはなりません)

高回転までまわすとけっこうな加速力があります。普通はそこまでまわさないですが。

振動もエストレヤより少なく感じますが、帰ってからエストレヤにもちょっと乗ってみたところ、まぁ確かに少ないは少ないけどエストレヤが思ったより振動少なかったのにびっくり。
CB400SFはイージーすぎて心配になるほどでしたが、こいつはちゃんと回転数合わせてのシフトダウンをしないと少しエンブレが効きます。
乱暴にアクセル戻してもよくない。
でもそこらへんはエストレヤより滑らかだと思う。
エンブレと振動は、あればあるほど疲れやすい気がする。

あと、低速耐性は CB400SFよりも当然ないですがエストレヤよりもない気がします。
パラツインよりVツインの方が低速は弱いのでしょうか?
いつも滑らかなエンジンが急にガックンガックンいって教えてくれます。

・外観

正直、高級感はないし安っぽい感じがする

とくにブレーキフルードのリザーバータンクとか
ここは残念なポイントの一つです。
よくまとまったデザインで良いのですが、なんていうか高級感がない…CB400SFのときみたいなオッ…というのがあんまりない。
量産型足バイクですって感じ。市販品は全部量産型ではありますが、ザクとかそういう意味です。
車体の大きさのせいでしょうか?
エストレヤより良くないと感じています。

・ギア、シフト

操作しやすい。小気味いいフィーリング

CB400SFより操作しやすいです。フィーリングはCB400SFのほうが上です。エストレヤはあんまよくないです。よくないっていうか、自然で目立たないフィーリングなんですよね。操作しにくいこともないし。
ただVTRはCB400SFよりエストレヤよりニュートラルにいれにくい。Nなんて止まってゆっくりいれりゃいいから別にいいのですが。

・ブレーキ

止まりやすーい!CB400SFより扱い安い気がする

たぶんVTRが初心者むけの味付けのブレーキとか(実際は不明)、車重が軽いとかのせいもあります。

とまりやすーいと感じました。

・サスペンション

ドッタンバッタン忙しい

エストレヤやCB400SFより、路面の凹凸で衝撃がドカンドカンと来て心が休まらね〜と感じました。
ただ、エストレヤやCB400SFで通った道と違うので、地面が荒れていただけの可能性があります。

・サウンド

ちゃんとカッコ良いしうるさすぎない。反感や顰蹙買うような音でもない

ひゅうう〜ん
だとか
びゅおおお〜ん
だとか
ちゃんとカッコ良いおとがします
CB400SFのヒュルル〜とかしゅいいい〜んとかは聞こえてきませんが、ちゃんとカッコ良い!十分です。
CB400SFはいささかバイク嫌いな人の神経を逆なでしてしまいそうな音なので…。

・ハンドリングなど

扱いやすっ。なんか一つのコロンとした塊のような感じ

エストレヤはなんかばらばらな感じで、タンクと〜エンジンと〜タイヤを〜フレームにのせて〜ハンドルをつけましたぁ!みたいな、感じがします。意味不明ですか?すみません。
エストレヤはなんつーか1つの塊じゃなくて、部品の集合みたいな感じ。べつにそれが悪いことだとは言いませんが、一体感には欠けます。
VTRはエストレヤはもちろんCB400SFよりも、一つの塊って感じでコントロールできます。
横に立っての取り回しは、エストレヤより楽に感じられます。またがってバックとかUターンとかはあんまり変わんない。

走行安定性は、CB400SF>VTR>>エストレヤって感じ。
VTRは、CB400SFを風に弱くした感じ。

・ポジション

膝を曲げる角度が急すぎて、膝がいたくなる…

写真撮ってなくてすみませんが、こいつは膝曲げる角度が急すぎなのか…?
身長は170cm周辺だと思ってください。まぁ数cmは鯖を読みましたが、エストレヤはだいたい90度程度なので痛くもかゆくもないです
CB400SFはそれより急な角度です
VTRはそれらよりももっと急な角度です!!!たぶん!
ほかの部分結構いいなぁと思ってただけに、ステップ交換などで頑張るしかない膝の曲がりは手痛いですね。
ステップ交換って地味に高いから…。

・総評

CB400SFと比較して、こいつに足りないのは高級感と、あと風に対する安定感と、私はそこまで必要とはしないけど鬼のような加速。
それと…膝の余裕!!いたくなってくるよ!
CB400SFも膝はすこし痛くなりましたが、まぁ我慢できる角度です。

休憩多めにはさむかステップ変えるかでどうにかなるのかな

膝の痛ささえなきゃあ、CB400SFを抑えて購入候補のトップに踊り出たかもしれないのですが…。

CB400SF・2014レンタル試乗のインプレ

かねてより計画していたCB400SFのレンタル。試乗ですませたかったのですが、やってるお店がないので、仕方なく16,000円を払って8時間レンタル。

CB400SF 2014年式、ABSつき。ODOは5000kmだったかな。

感想を書きます…記憶がホットなうちに。
エストレヤとの比較も、気が向いたら追加します。

・エンジン

低回転では滑らか、だが回せば速い!遅くても速くても高いパフォーマンス。疲れないし。しかしついつい速度を出したくなってしまう危険な魅力が…

巷でよくいう「モーターみたいな…」はちょっと言い過ぎかなと思いました。単気筒とくらべれば完璧にモーターですが。
高いギアで低回転で走れば、まるで2リッタークラスの乗用車のように滑らか、穏やか、実用的な加速ができます。
低いギアで高回転で走れば、鋭いレスポンス&加速、耳をつんざく近所迷惑サウンドが楽しめます。
VTECのおかげか、低回転でも発進加速が十分はやーい!
速いバイクに乗って、異常な速度でかっ飛ばしてく人たちの気持ちがよくわかってしまいました。

このエンジンは魅力的ですが、スピード出しすぎてしまわないか心配です。

・ブレーキ

そんなによく効く…?

よく効くと聞いていたので、期待してましたが、期待したほどではないです。
もちろんエストレヤよりはよく効く感じはしますが、タイヤのおかげも大きい気がします。
急ブレーキしたときの停止距離も、車重が重いのであんまり変わんない気がします。体感です。

対向4potキャリパー・ダブルディスクと、400ccには大げさ感のある装備ですが、公道を捕まらない程度に走るなら、痛烈に体感できるような大きなアドバンテージというわけではないようです。
しかし、見た目はかっこいいし所有感には大きく貢献するでしょう!

・サスペンション

ちょっと固め?

うううーん…車重が重いせいか、それともスポーツ志向にかためにセットされてるのか、エストレヤより、段差で縦に突き上げというか、縦に動かされます。リアサスは、写真で見たところ、プリロードが一番軽いのから数えて3段目になってますね。

・ギア

ギアの入りはすこし悪い気がするが、ギアやクラッチの操作音・操作感は見事。どんなギアでもよく走れちゃう

エストレヤよりギアの入りがわるかった…。慣れてないせいかもしれませんが、ギアを足で押し下げても、実際にはギアチェンジできてなかったりします。
エストレヤでは百発百中で変更できるんですが、慣れなんでしょうか。それもあるとは思いますが、入りが悪い気がします。
そういう時は、足を完全にペダルから話し、もっかいがこんと大げさめに下げると入りました。
それは置いといて、ギア選択が適当でもよく走ること走ること!
エストレヤではぼけっとしてるとトロくさくて仕方ありませんが、こいつは1速でも6速でもらくらく走れます。渋滞で歩くようなトロトロ走りでも1速にしなくても2速、3速でもOK。おそろしーこれが4気筒!
エストレヤは歩くような速度でトロトロ走るときは1速にしないとガクガクしてしまいにエンストします。適切なギア比にしてあげないと加速がトロくさいし、下げすぎると音と振動がうるさい。
信号でとまるときも、ある程度いいかげんにギアを下げてもエンジンブレーキで急にガクとなったりしません。
エストレヤはブリッピングするかブレーキをかけて回転数を合わせてあげないとエンジンブレーキが効きすぎたりします。
ギアチェンジめんどいならATに乗れってよく言われますが、ギアチェンジの楽しさを享受しながら、ギアチェンジのめんどうな面は無くしたい…と思いませんか?CB400SFにはそれがあります。(←DCTにでも乗れ)

・ハンドリングなど

安定しているのに回りやすい

CB400SFの特徴かどうかはわかりませんが、とってもいいです!
ブレーキかけて止まる時もどっしりとしてふらつかないし、渋滞時のオートマのクリープゆっくり前進にまじって走っても、ハンドルを左右に動かしてバランスをとる必要があんまりないです。
太いタイヤ、重い車重、高速セッティングな車体…となるとどんどんこうなるんでしょう。CB400SFが特別に良いのかもしれませんけど。
安定性もあるのに、曲がる時も素直にスウッと曲がります。

・サウンド

ライダーが聞く音は大変ナイス。第三者が聞くことになる音はうるさい

(追記)家の中から、まえの道路をCB400SFが走ってく音を聞きましたがぜんぜんうるさくないです…やっぱりノーマルマフラーだしうるさくない…よね?
うるさいです。すこし回すだけで近所迷惑。VTEC作動域なんてとんでもない。アパートなら大家さんにつよめに睨まれます。たぶん。
低回転で走ってるだけなら、そんなに迷惑でもないんじゃないかとは思うのですが…
レンタルしたCB400SFを、買い替えの検討のために家族に見せましたが、「うるさい」って言われました。あまり回してないし、普通に発進しただけなのに。
4気筒のバイクが残していく音は好きじゃないと前書きましたが、今も好きではないです。4気筒に罪はないけど暴走族をイメージするし、日常には異質な音だから。
でも、乗ってる時のヘルメット越しの音は、初めて体験しましたが、エンジンのメカノイズとかも聞こえてとってもかっこいいし高性能感あふれるし速そうで大好きです。
車や歩行者や周辺住民などの第三者が聞く音と、乗ってるライダーが聞く音は違うのです。
きょうVTEC作動させて通ったばしょの人ごめんなさい。

・燃費

事前情報通り

160.9km走って、ガソリンは7.05L消費しました。よって22.8km/Lですね。
流れの速い幹線道路ばっか走ったんで妥当です。

・取り回し

エストレヤと比較しても、重くはない。予想より楽

エストレヤはちょっとグラっとくるときがあり、おそらくCB400SFより高重心なのかそれともタイヤが細いせいなのか…。


CB400SFは、普通に平地で取り回しするぶんにはエストレヤとあまり変わりません。楽すぎてびっくりしました。
教習車は、すこし傾けただけでずしりと重さを感じたのに…。バイクに慣れたせいか、教習車がエンジンガードなどのせいで重かったせいなのか。

・総評

やっぱりすごい、とてもいいバイク。

文句のつけようがねーです。つっても、エストレヤとCB400SFしか乗ったことないんですがね。あるとすれば、乗りやすすぎな感がある…
初めて乗って100m走ったあたりですでにちゃんと乗れるようになりました。
最高です。乗りやすい。速い。疲れない。
欲しい。ください。
なにより幹線道路で80km/hとかで流れてる法令遵守の正反対の人たちのいる道路でもエストレヤみたいに追い立てられた小鹿にならないとこが良い。一緒に楽勝で流せます。気づいたら80km/h出てます。120km/hはさすがに気づきます。

なんかねぇスピード出したくなる魔の魅力があるんですよ
ほいほいのせられて怪我してしまうと嫌なので、もっとゆっくり命をたいせつにさせてくれるようなバイクがいいですね(エストレヤはそれだろーが!)

買い換えるか悩みますが、…CB400SFに乗った場合の悩みは、うるさいことと、命や免許がいくつあれば足りるかですね。一つで足りるようにしたいです。
パワーはここまでいらないとしても、このくらい振動が少ないバイクがほしいなぁー。

雨天走行

今日は査定をしてもらいにバイク屋さんにいきます

道中雨に降られてこまりました。

エストレヤにとっては本格的な初雨天走行です


最初にSOXにいきました

SOXは平日昼時ということもあってか店員は一人しかいませんでした
カウンターでなにやらお客といっしょに書類を書いているようです。

その間、奥の方に置いてある400ccや250ccを見たかったけど、あまり奥の方にいくとごちゃごちゃ言われたらやだな…(バイク屋は変なお店もあるから…)と思い手前に置いてあるバカでかいハーレーなどの大型車を眺めます。

ホンダのワルキューレルーン、ばかでかっ!下道で乗るものじゃないですねありゃ。
CBR600RRも結構でかいっ!と感じたのでエストレヤがいかに小さいかってことですね。

…20分まっても終わる気配ないし他の店員もいないようなので、靴とか服とか湿ってることもあって待つのが嫌になって帰ることにしました。

レンタルして乗ってみて、400ccマルチ(多気筒って意味で。二気筒含む)が、かわいそうなエストレヤを売っぱらってでも欲しいほど良いものだったら、また来ることにしましょう。そんときは物欲という衝動に動かされ、来ることや待つことは屁でもないでしょうから…。

おつぎはレンタル屋さん。南海部品です。

しかし、ここにある400ccは全て出払っていました。予約してないんだからま、予想できた結果です…。

予約しなかったのは、ネット予約ができない上に事前に予約金支払い(振り込みor手渡し)が必要でめんどくさいから。
レンタル819だとネット予約OK、予約金でなくクレカですみます。

雨天走行、iPhoneは耐えられない

お気づきでしょうが今回撮った写真はほぼ全て霧がかかったようになってしまっています。

実際には晴れてますが、iPhoneのカメラが結露しちゃってるせいです。
ハンドルにマウントしたまま雨天走行したんで、雨が入っちゃったんです。

夜になってもまだ結露したまま…心配です。

ODO:2287

久しぶりにエストレヤに乗る

最後に乗ったのが5月の連休なので実に2.9ヶ月ぶり
果たして長期放置されたエストレヤは動くのだろうか

そんな心配は杞憂に終わりました。
ボタンひとつでキュルルドゥんドドドドド
5月に乗ったときと変わらない様子で僕を迎えてくれました

スタンドの先は錆びてたし、

タイヤにはちびカマドウマがまとわりついてたけど。

他にはカバーに3〜4匹の蜘蛛が巣をつくってました。

充電も兼ねて、そこらへんを数十kmだけ走って、終わり。

乗れてないあいだ、それまでの走行で、登坂や0からの加速での非力さや振動などネガティブ要素がたくさん記憶に残っていまして、乗り換えを考えていました。

が、久しぶりにのってみて…
意外と力あるじゃん!ぜんぜんいけるよ!しかもちゃんと回せば十分な速さ…振動と音が大きくなる代わりに。でも登坂ではやはり力不足感(前述のように回せばOK)…250クラスでは、登坂でギアダウンをするのは普通でしょうが、エストの場合はそうすると振動や音がウザくなります。

以下、買い替えの話です!

うーん、これは乗り換えないという選択肢もかなりありですね。乗る前までは全力で乗り換えのことばっかり考えてたのに…。今のところは半々です。

さらにsoxの買取説明サイト?を見ると、だいたい250-400クラスならば、店頭販売価格と買取価格の差は10万円程度なようです。

さらにフェアトレード80というもので、同じモデルで、さらに状態が同じような感じの店頭販売車の販売価格の80パーセント以上の価格での買取を保証しているそう。

SOXの在庫検索で、似たような状態のバイクを見てみると、

店頭販売価格は39万円ほど。
つまり、いまSOXで売ればだいたい30万円で買い取ってもらえるというこです。


昔の記事をご覧になった方は知ってるかもしれませんが、私の不注意でこのエストレヤにはエンジンケースに傷を入れてしまっています!引っかき傷です。
だからもっと下がるでしょうね。

私が欲しいバイクたちは、中古でさらに状態を妥協もしましたが、400ccや高級250ccでだいたい乗り出し50~60万円になると予想されるものでした。
こまりましたねー…差額の20~30万円を、まだ買ったばっかのバイク(しかも別にそんなに嫌いというわけではない)の乗り換えに出すなんてできません!
趣味用のお金としてはあるといえばありますが、金の使い方が無駄すぎです。

…ので、同じ250クラスで普及価格帯のものを考えます。
ただし乗ってみたらエストレヤとあんまり変わらないのではという恐れがあります。

それでも、VTRとかNinja250とかタマ数が多そうなのを選んでSOXでさがしてみても、VTRはキャブ時代のすんごくボロそうなのが25万円とか30万円とか、SOXの諸費用はだいたい10万円(400ccなら。250はもっと安いはず)くらいいくっぽいので乗り出し40万円付近って感じです。

むぉ〜〜

ODO:2199