ソースコードからビルドしたgitで「fatal: Unable to find remote helper for ‘https’」エラー

Raspberry Piに入ってるRaspibianで、apt-getだとあまり新しいバージョンが入らないのでgitをgithubのソースコードからビルドしました。

やり方はRaspberry Piに最新版の各種ツール・言語・ライブラリをインストールするのgitの項目を見てください。

このやり方を何も考えずに試したところ、
git pullだのcloneだのをやろうとすると「fatal: Unable to find remote helper for ‘https’」とか言って突っぱねられます。

実は、gitをビルドする際にlibcurl-devの中の多分libcurl4-openssl-devが必要でして、

結論から先に言いますと、

$ sudo apt-get install libcurl4-openssl-dev 
$ git clone https://github.com/git/git
$ cd git
$ make configure
$ ./configure --with-expat --with-curl=/usr/local
$ make && sudo make install

このように先にlibcurl4-openssl-devを入れてからでないと動きません。
Debian系であるRaspibianだからlibcurl-devですが、別なOSだとパッケージの名前が違います。
参考URLによれば、

$ sudo apt-cache search curl

などとして探すと良いそうです。

なお、パッケージ管理ソフトであるAPTで入れたgitと上の方法でビルドしたgitは共存できます。
APTで入れたgitは

$ dpkg -L git

とやると分かりますが

/usr/bin/git、上の方法でビルドしたgitは/usr/local/bin/gitにあるので、.bash_profileとかに追記すれば使い分けできます。

alias git=/usr/bin/git

ってね。

Yahoo!知恵袋で聞いたところやっとこさ解決。だから質問と記事は似たような内容です。

パッケージ管理ソフトのありがたみを知りました。依存関係にあるものは自動的に一緒に導入してくれて、どこにインストールしてあるかもちゃんと覚えてて、アンインストールも簡単。パッケージ管理ソフトばんざ〜い。

まぁ、最新版が使いたい場合はそうも言ってられないけど…。

コメント