マウス M705tを買う

さて
トラックボールを使い始めたわけですが、同時に血迷ってM705tも購入しています。
というか本当は、M705tを注文したあと、気の迷いでトラックボールも追加注文したわけですが….。

レシーバーは小型ですがM545みたいなPicoレシーバーではない普通のUnifyingレシーバー。

ちょっとセンサー端っこすぎやしないですかね

電池持ち、単三が2本で有利とはいえ最大3年って長すぎですね!

充電池式電池にすればもっと軽くなるような気もしますが…。

さて、この化物級の省電力マウスの使用感を確かめてみましょう。

まず左右クリック。

こいつはちょっとクリックが深めな気が…。

比べたのは同じくロジのM545や、エレコムのトラックボールM-XT3や、MicrosoftのゲーミングマウスSideWinder X5です。
私はSideWinder X5のタイトで俊敏なクリック感が一番好きです。
SideWinder X5 > M545 >= M-XT3 > M705ってかんじ

サイドボタン。


わりと好きな感触です。持ってるマウスのなかで一番好きです。

しっかりした感触、(比較的)少ないストローク。押すと周りに聞こえるくらいの音量でコチコチ言います。
M705 > SideWinder X5 >= M545 > M-XT3って感じ

ホイール


ボタンでクリック感の有無を切り替えられることは周知の事実ですが、クリック感無しにするとおっそろしいくらい滑りがよい!!!

クリック感ありモードにしてもなかなか良いフィーリング。
マウスのホイールのエンコーダは光学式と機械式があるそうで、分解画像を見たところ本機M705は光学式エンコーダ。同じくロジのM545も光学式。(安いわりにM545はホイールの操作感が大変良いです)

M705 >= M545 > M-XT3 > SideWinder X5 って感じ。

SideWinder X5もホイールのエンコーダは光学式なんですが、M545とM705と比べるとホイールの操作感は及ばずです。もう6年くらい使ってるせいもあるでしょう。

持ちやすさ

M705tは大きすぎず小さすぎず、でほどよくエルゴ形状です。
自分はでかくてエルゴノミクス形状のマウスが大好きです。
M-XT3 > SideWinder X5 >= M705t > M545

SideWinder X5は大きさはあるけどエルゴ形状ではない…が慣れればok。

操作性能(カーソルの追従性とかそんな感じの)

M705tを使ってはじめに思いました。
あらら…と。
やはり超省電力機です。何年もリネームされて売られてるから大丈夫かなと思いましたが、やはり無線+超省電力は…あまりよくないです。

スキャンレートやポーリングレートの話

ゲーミング用の無線マウスのG700/Sとかだと、話によるとバッテリーが1日かそこらで切れるそうです。

それはスキャンレートが高い高性能センサーとか、高いポーリングレート(G700Sは確かポーリングレート1000Hz、有線ゲーミングマウスなみ)のせいだと思われます。
(DPIは高くてもバッテリー持ちにはあまり影響ないみたい)

センサーの方式やDPIはアピールポイントとしてよくカタログに書かれますが、スキャンレート、ポーリングレートはゲーミングマウスでも無い限りあまり書かないんですよね…書いてほしいですね。

で、単三2本とはいえ3年もっちゃう超省電力機なM705は、当然そこらへんはトレードオフとして捨ててるわけで、ポーリングレートは125Hzだし、スキャンレートはわからなかったけど多分高くはないし…。
(ポーリングレートについてはM705が無線式の中で特別低いわけではないです。普通はだいたいこんなもんです。Bluetooth接続だともっと低く80Hz程度のがごろごろしてます。)

そういうマウスは普段から有線ゲーミングマウスばかり使ってる人が触ると違和感を覚えるはずです。

こんなに超省電力なのに待機時間を感じさせないのはすごくよくできてるとは思いますが、M705tはやはり少し操作性に劣る…と感じました。

よって
M-XT3 >= SideWinder X5 > M545 > M705t
です。

総評

このブログは日記、記録として書いてるので、未来の自分が見て思い出せるように書きますが
・「無線+省電力が売りのものは買うな!」
です。
他の人向けには、
・「ハイスペックなゲーミングマウスとかを常用してない人には大変良いマウスである」
(3,600円程度で買える無線マウスとしてはしっかりしていて握りやすくホイールも操作性が良くさらに電池がよく持つ)
・「ポーリングレートがどうとかスキャンレートがどうとか気にする人にはあまりおすすめしない」
です。
(でも、電池が3年もつとはいえど、バッテリー残量表示とエネループがあれば大したアドバンテージでも無いと思う…)

トラックボールM-XT3URBKを買う

最近PCにかじりつかざるをえないことが続いて、右肩が凝りまくっています。
たぶん右手のマウス操作のせいか、右目の視力が悪く少し頭が右向いた状態でディスプレイを見ているせいか、とかなんですが…

とりあえず、買ってみましたエレコムの親指トラックボールM-XT3UR。

包装は簡素化されています。こいつはM-XT3UR特有で、ボタンの機能以外は同じなM-XT2はわりかし豪華そうなパッケージです。
しかしAmazonが売ってるのはM-XT3のほう。2はマーケットプレイスで買えます。

2と違うのは、2で減速ボタンとして用意されてる右クリックのさらに右のボタンが、M-XT3では好きに機能を割り振れるというところ。そんなとこソフトウェアでどうとでもなるんじゃねえのと思わないでもないですが。

ほうほう。
なお、無線式が売られていますが、もし思ったようなフィーリングでなかったら無線のせいなのかそれともセンサーや造りのせいなのかがわからないので、万全を期すために有線を買いました。
マウスもどっちかっていうと有線のが好きです。

なお、無線式の兄弟機にはある、裏の省電力モード切り替えスイッチは当たり前だが無いです。

大きさ比較。左から、M545、本機、SideWinder X5。


マウスしか使ったことない自分でも、この親指トラックボールタイプはすぐになじむことができました。
届く前にイメトレしてたからかな?

トラックボールだと、遠くに移動させたいときにボールを完成でガーと転がせばよいので面白いってか楽しいですね。

マウス使うときは加速を切ってますが、トラックボールは加速ONじゃないと使いにくい…って感じです。

他のレビューでも散見された、M-XT2/3のトラックボールはひどいとか精度がわるいとか反応しないとかいうのは、とりあえず感じていません。

しばらくつかってるとそうなるのか、それとも無線モデルの問題とかなのか….わかりません。

とりあえず、わざわざポーリングレートだかDPIだかを落とす節電機能をオンにするべきか否かなど、性能とバッテリーのトレードオフを悩まなくてすむ有線式をおすすめします。

これからこいつがメインのポインティングデバイスになるか…どうなったかはいつか追記しましょう。

M545のサイドボタンやホイールチルトをMacで使うwith SteerMouse

こちらのKarabinerでM545のサイドスクロールを有効にするサイトでは、「USB OverdriveやSteerMouseでもできなかったらしいのでサムボタンに関してはあきらめた。」とあります。
これは2014年の記事なので、現在とは事情が違うのでしょう。

わざわざ書くほどのことではないのですが、何してもM545= Macで使えないって思ってるっぽいレビューがあったので。

なんと現在は、SteerMouse(ステアーマウス)でサイドボタンと横スクロールを使えるようにできるのです。
使用したのは、MacOS X 10.11.5、ステアーマウス5 b19、 それと2015年6月購入のM545です。
(ってほとんどおなじ内容のレビューをAmazonに投稿したんだけどね)

こんな感じに設定します。

私は、サイドボタンにはCmd + +キー、Cmd + -キーを割り振っています。
どういうことかっていうと、普通のキーボード+マウスの組み合わせだと、トラックパッドみたいにピンチインとかで拡大できないのでショートカットで拡大することになります。

押すのめんどくさいんで、マウスに割り振ったというわけです。
いや〜Mac非対応っぽいM545を使えるようになってよかった。

しまった〜〜〜これを知ってれば、Macで標準ソフト(setpoint)で動くm705tを注文しなかったのに!

ステムをUNOステム,Kalloy AS-007Nに取り替える

今までは買った時についてきた標準のステムを使ってましたが…80mmだと短い気がして、もっと長いのに交換してみたくなりました。

サイズがあわなかったら悲惨なので、なるべく安いもの…
それがこのUNOステムです。 110mmなり。2000円で購入しました。

なかなかまともです。

安モンはネジの精度が極悪で、何も負荷がかかってなくても引っかかって手で締められなかったりしますが、そんなこともないです。
しかも、ちゃんとネジにグリスが塗ってある!
安モンばっか買ってるとこういうところで感心できます。

さて、とりつけとりつけ
Before

After

ここで大問題はっせ〜い


ステムハイトが足りな〜い
トップキャップ締める意味がな〜い

スペーサーを買い足さなきゃ。

トップキャップは、取り付けの段階では、ヘッドセットのベアリングを適切な力で押し付けるとかそんな意味しかなく、ステムをがっちりしめちゃえばあとは無くてもいいくらい…のはず(水が入るから実際はそんなことしないが)

ステムを締め付ける際に下側に手で押さえつけてればなんとかなるっしょの勢いで締め付け。

自転車をすこし持ち上げて地面に落としてみても、ガタガタしたりはしないみたい。
これでいいのかな…

80mmから110mmのステムにしたら、なんか乗りやすくなったような。30mmも伸びたんだからなにか変わってるはず。それはまた後ほど。

Quotaの3,000円台格安メカニカルキーボードi-500をためす

(2016/6/27追記)
まる3日間、PCの前で過ごさざるをえないことがあり、このメカニカル式キーボード漬けになりました。そのあとMacbook Pro retinaのキーボードを触ったら打ちにくく感じて困りました。

メカニカルキーボードになれると、ノートPCのキーボードが打ちにくく感じるようで……指に贅沢を覚えさせたくない場合は買わないほうがよさそうです。
(追記ここまで)

いままで普通のゲーミングキーボード、MicrosoftのサイドワインダーX4をつかっていました。
こいつはこいつでなかなかよろしいのですが、メカニカルキーボードとやらを使ってみたく思っていました。

秋葉のお店で実際にパカパカと試し打ちしたところ、(うるさいしたいしたもんじゃないな)と感じましたが、やはりもう少し使ってみたいなと思っていました。長く使ってこそ真価がわかるということもあるから。

それがなんと3,500円(もっと安いときもあったみたい)で売ってるではありませんか。

それがこのQuotaのi-500です。

ほんというと日本語キーボードが欲しかったし、テンキーつきが良かったけど贅沢はいえませんわな。

到着!

これ、足の間隔が、Macbook pro 13インチの上におくのにぴったり。

こうするとパームレストおけませんけどね。トラックパッドにかぶっちゃうから。

さて、感想は…

前使ってたのがメンブレン式ではあるがわりと良い物であるサイドワインダーX4だったので、圧倒的なアドバンテージは感じません。
“メンブレン式は底付きのダメージが指にくるけどメカニカル式はストローク量が半分くらいでスイッチがオンになるからうまくやれば底付きしないから指へのダメージが云々”っていいますが、メンブレン式でもなれれば変わらないような。
が、まぁメカニカル式の良さもなんとなくわかってきました。
長期使用でどうなるか楽しみです。

おまけ

なお、USBで英語仕様(USっての?)の外部キーボードを接続した場合に問題になるのはやはり日本語変換の切り替え。
Mac用のUSキーボードだと、スペースキーの左右のCommandキーに割り振るのが定石ですが…こいつはCommandは一つしかない。し、スペースキーから離れてる。

そんならスペースキーの左右にあるAltキーをCommandに割り振れば良いのです。

標準の設定から修飾キーを変更します。下の画像みたいに。

それからKarabinerでいつものようにCommandを英数かなキーに割り振るようにすればよろし。

なかなかメカニカルキーボードもよいものです。うるさいけど。(うるさくないのもあるそうです。)

カーボンロードにリアキャリアをつける(直後に外す)

タイトルどおり、今回はロードバイクにリアキャリアをつけます
試さないでください
失敗しました。

T_B03 NinoLite とかいうリアキャリアをつけます
3000円のやばそうなリアキャリアです。

なんとまぁこいつはダボ穴が一切なくてもつけられます。どういうことかというと、前はシートポストに留めて、後ろ側はシートステーに留めるからです。

シートポストに留めるリアキャリアはたくさんあります。しかし強度が不安。こいつはシートステーでも支えることでその不安を解消しています。一見。

やったぁーこれでダボ穴のないロードにもつけられるぞっ!(そう甘くはなかった)

とどいたぞぉーっ折りたたみ工具つきだ!

説明書。リアキャリアのとりつけには言葉はいらぬ。

Amazonレビューのとおり工作精度は悪いみたい。悪いなんてもんじゃなく、

ずれすぎ。わりと強度があってフンヌヌヌしても入らなそう。

あと設計も変。ここ、隣のネジが邪魔でレンチってかスパナっていうか、ナットを固定する工具が入らない。
ワッシャーをかまして高低差をつけなんとかして工具をつかえるようにした。

工具がはいらないのでわざと互い違いにしてみた。

できたっ!

さっそく荷物を載せる

10kgくらいの荷物のせた感想は…重すぎ!ふらつく!ってかキャリアごと左右にグラングランしてる!

動画もとりましたがyoutubeにアップすんの面倒なので言葉だけ。
ちょっと車体をゆするとぐらんぐらんして危ないです。
15kgも載せたらまずそう。そのまえにチェーンステーがかわいそう。
というかカーボンフレームにこんなもんつけたら壊れそう。
(この自転車はお化粧カーボンではないのですよ!一応)

つーわけでつけた後すぐはずしました。

このキャリアのつくりの問題なのか、自転車の問題なのか。キャリアには耐荷重25kg(80L~90Lくらいの登山用ザックにぱんぱんにつめてこんくらいです)というホントかよ盛ってんじゃねえのかという数字が書いてありました。Amazonには同じような構造で90kgまでOKというもんが売ってて、まぁそういうもんかもしれません
(なおその商品はレビューによると9kgまでというシールがはってあったそうですが)

おしまい。

ドアクローザー(ドアのダンパーみたいなやつ)の調整

ドアが手を離すとバチコーンと閉まってうるさい。
ので、新しめの病院のドアのごとく静かにしまってくれるよう調教します。

ニュースター(NEW STAR)のドアクローザーでおそらく1980年台製…ということ以外わかっておりません。

なにも書いてないんだもん…

だいぶ前のことだけど、はじめはこのドアクローザー、油でベタベタでした。
キッチンから油が跳ねまくったのかなと思ってたけど、ドアクローザーはオイルダンパーなのでたぶんその油だ….

で、

このネジを六角レンチ(アーレンキー)で動かす。
締め込むとドアがゆっくり閉まり、緩めるとドアが勢いよく閉まるようになる。

ドアクローザーの調整解説サイトによると、ふつうはだいたい調整ネジは2~3個であり、1個だけしかないやつは古いやつで、調整が敏感なので、おかしくなってきたら修理にだそうとある。
でもめんどうなので調整を敢行しました。

このくらいの角度でゆっくりになり、さらに閉まるギリギリでもっとゆっくりになるのがはっきりわかるようになりました。


とっても静か、成功成功。