Nikkor-H Auto 28mm F3.5を分解してグリスを塗りなおす

ヤフオクで3,000円で買ったNikkor-H Auto 28mm F3.5。ヘリコイドがスッカスカです。
広角レンズだとピントリングが軽い方が使いやすいのですが、耐久性が気になるので分解してグリスを塗りなおすことにしました。
ネットを探してもこの年式?の、ヘリコイドにアクセスする分解記事が見つから無いので書いてみます。



マウント側の分解

まず簡単なマウント側から行きます。
マウント部にある大きな5つのネジを外します。そうするとマウント部分が引っ張るだけで取れます。

つぎに、絞りリング側面に、リングと絞り機構を繋いでいるネジが1本だけありますので外します。そうすると絞りリングが簡単に外れます。

この出っ張りとリング側の凹凸でクリック感を出しているので、左回転と右回転でクリック感が違います。ヘタッているのか、あまり好きでは無い感触です。


この凹凸を掃除し、(組み立て時には)リングに薄くグリスを塗っておきましょう。あまり端まで塗ると、シールも何もないのでゴミや砂を呼びやすくなるのでほどほどに。

前玉側からの分解

このNikkor-H Auto 28mm F3.5はやや面倒な分解方法です。(他のレンズだと、銘板を外すともうレンズブロックがスポンと外せるものもあるのに…)

まずピントリングの側面にある3本のネジを外し、ピントリングをスポンと抜き鏡筒から外します。


次に、この銀色の内ヘリコイドの側面にある、ピントリングの可動範囲を決める位置決め板を2本のネジを外します。(板を取り外すにはレンズブロックを外さないとひっかかって外れないかも。)
この板を外しヘリコイドを回すと、無限遠を出し直さなくてはならないので覚悟してください
(こんなことしなくてもレンズブロックが抜けるレンズが羨ましい)

ヘリコイドが自由に回転できるようになりました。少し繰り出して、余裕を持たせてから、銀色の内側ヘリコイド側面にある3本のレンズブロック固定ネジを外します。
これでレンズブロックがスポンと抜けるはずです。


邪魔なレンズブロックがなくなったので、中ヘリコイド(ピントリングと一緒に回るやつ)についている金色の位置決め板を外します。

次に、被写界深度目盛りのカラフルな線が書いてある銀色のリングを外します。側面にある3つのネジを外すと、スポンと抜けます。


その下に直進キーがあります。直進キーのサイドを固定する2本のネジを外して、直進キーを外します。
ヘリコイドをいい感じに回して位置を調整し、直進キーがスライドする長方形の穴の左右にある2つの穴からネジが見えるようにするとやりやすいです。


2つのヘリコイドが自由に動かせるようになりました。グリグリ回すと全部外れます。


組み付ける時は適当に重すぎないグリスをぬりましょう。ベタベタと硬いグリスを塗ると重くて仕方なくなります。

無限遠の出し方 + 組み直し方

さぁ大変です、何も考えず組み立てると無限遠が出なくなります。

バラす前にケガキ線をつけておき合わせればOKというものでもないようなので、無限遠を合わせます。

こんな感じに、内ヘリコイド(銀色)と中ヘリコイド(ピントリングと一緒に回る)を組みます。
中ヘリコイドを一番縮めたとき(外ヘリコイドと中ヘリコイドのナナメのケガキ線が揃ったときです。もしかしたら、余裕を見て垂直のケガキ線が揃ったときだったかも?)に、内ヘリコイドも限界まで縮まるように組んでください。
かなり縮めないと無限遠に合わないためです。

(下の写真はすでに直進キー取り付けたあとです)


そうなる状態で直進キーを、向きに気をつけて取り付けます。(向きは外した時の写真みてください)
マウント部を取り付けます。
中ヘリコイドに位置決め板をつけます。
ピントリングを中ヘリコイドに取り付けます。

ちょうどこんな状態にします。ここにレンズブロックをスポンと入れます。固定はまだしなくていいです。
カメラに取り付けて、無限遠にピントを合わせてください。通常は1回転もしないうちに無限遠にピントが合うと思います。
無限遠が出た位置で、(内ヘリコイドにレンズブロックを取り付けてから)内ヘリコイドに金色の位置決め板を取り付けます。

内ヘリコイドに位置決め板をつけるより先にレンズブロックを取り付けるのは、レンズブロックの取り付けネジの穴が位置決め板によって1つ隠れてしまうためです。

あとは被写界深目盛りの色付き線のついたの銀色のリングをつけたり、なんだりすれば完成です!

レンズブロックの分解(失敗)

カニ目レンチで回して一番前のレンズを外します。でかい。

レンズブロックの側面に前玉側の分解用ネジっぽいのがあります。

この芋ネジを外した後、レンズオープナーで開けようとします…がビクともしないので諦めました。失敗です。

後玉は…こちらに参考になる記事があります。ニッコールオートH 28mm f3.5レンズ分解&Ai改造

最後に

ほぼ初めてのレンズの分解だったので、めちゃくちゃ疲れました。すぐ終わると思って床で分解し始めたのも一因です。
最近買ったNikkor-S Auto 55mm F1.2のほうはわりとすぐレンズブロックはずしてヘリコイドにアクセスできたので、労力を見誤ってしまいました。


Nikomat FTnを買った・撮影した

ニコマートFTnを買いました。状態良好、モルトがダメ+ミラーボックスにカビなだけの個体が送料込みで2,000円。とても良い買い物でした。


廉価版の位置づけではありますが、今でいうNikon D一桁シリーズに対する一つ下程度の意味なんでしょう、むちゃくちゃ質感が良いです。
しかも剛性感もあります。
すごくいいカメラな感じの手触りです。

モルト貼り直し・ミラーボックス掃除

モルトがボロボロだしミラーボックスにカビが生えてるので適当に掃除しました。

モルトは切るのが面倒だったのでAmazonのNikon FM 用カット済みモルトを使いました。FMとニコマートだと形が違うものの、なんとかなります。

このようにボロボロのボロなので、気合いでひっぺがします。無水アルコールがあると良いらしいのですが、ボロすぎてティッシュでこするだけで剥がれます。
分解せず貼りなおせるところだけ貼り直しました。(フォーカシングスクリーンのところにもモルトが使われているらしいけど、分解して壊したら嫌なので…)

電池の購入

ニコマートFTnは今は売っていないMR9という電池を使用します。代わりの電池が必要です。

水銀電池 “MR9(H-D)” の代替手段についてというサイトに色々書いてあります。
Amazonでも売ってるMRB625がサイズや特性ともに適合しますが、一個1000円と高いです。
今回は値段を考え、電圧が1.35Vじゃなくて1.4Vなのとサイズが違いますが、安いPR44という補聴器用の空気亜鉛電池を買いました。


PR44はMR9とはサイズが違いますが、ニコマートFTnではスペーサー無しでなんとか使用可能です。電池室の中に螺旋状の板バネがあるので、それで押し付けられるため固定されるのです。

ただし、サイズが合っていないとボタン電池はショートの危険が大きいため、おすすめは全くできません。

撮影してみた

キタムラに現像に出し、フジカラーCDというサービスでデータ化してもらいました。フジのカラーネガ1本で1,080円。

使用レンズはNIKKOR-H Auto 28mm F3.5Nikkor 105mm F2.5 の2本です。フィルムはフジの業務用カラーネガ ISO100です。
作例のお時間です…

トリミングや手元での修正なしでどうぞ…。ISO100のフィルムなのに三脚なしで夜間撮影してるのでブレてる写真が多いです。(SS 1/2とかなので人間三脚してもブレる…)
一覧はこちら。 なるほどなるほど…。
ISO感度変えられないのは結構面倒ですね…
デジタルでばんばん撮ってフィルム風に加工したほうがよいのかな…という気になってきました。

でも撮影自体は楽しいのでフィルムも続けようと思います。(10本くらい買っちゃったし)