FFRIのインターンに参加した

株式会社FFRIというセキュリティ会社があります。日本では珍しく、自社開発のちゃんとしたセキュリティ製品を出しています。振る舞い検知をするyaraiという製品です。 そこで夏に2週間のマルウェア解析&検知ルール開発のインターンをさせていただいたので記します。標準的には10日間で、時給1200円なので9万円ほどもらえる計算になります。

内容

詳細は書けませんが、ファイルシステムにうまいことやって何かを隠蔽するタイプのマルウェアの動作を調べ、検知ルールを作りyaraiに組み込むという内容でした。 今まで自分はWindowsの低レイヤーはそんなに触れてきておらず、オープンソースのLinuxと違ってソースコードないのに詳しい動作の把握はどうやってるの、まさかOSのAPIをリバースエンジニアリングするの?と思ってましたがだいたいそんな感じです。大概はネットを調べれば載ってますが、あまり使われないAPIだと細かい動作が全部書いてあるわけではないので… ntdll.dllなどのAPIをフックして動作を調べて云々をやっていきます。 yaraiのコードをまるっと見せてもらったり、会社で使われる解析ツールを見せてもらったり、いろいろ良い経験ができました。

会社の感想

恵比寿のそんなに大きくないオフィスビルのフロアの半分くらいを使って運営されてました。右の反射してるビルです。
印象は以下のような感じです。
  • リモートワークが主体の人が多いようで、来ていない人が多かった
  • キャラが濃い人が多かった
  • セキュリティ製品を自社開発してるだけあって技術力が高い & 向上心のある人が多かった
上場はしてますが、FFRIという名前を聞いてピンとくるでしょうか?もしかしたら来ない人が多いんじゃないでしょうか。 私はCSS/MWSという学会的なヤツで知りました。それに併設されるMWS CUPとかいうマルウェア解析系の競技的な催しがあるのです。そこに問題とかデータセットを提供していて、それで初めてFFRIの名を聞きました。 友達に聞くと知らないって答える人が多いのですが、良さそうな会社でした。

社内イベント

全社飲み会ってのがあって、たまたま時期がぶつかったので参加させていただきました。リモートワークでほとんど会わない人とかがいるので、交流を図るためでしょうか。50人以上いたようです。
他、部署によっては焼肉会がありました。これも参加させていただき、高めの肉を食べてきました。写真がないので何も貼れません…

まとめ

FFRIの検知ルール開発インターンは内容楽しい + お金もらえるのでおすすめです。 FFRIは(たぶん部署によるけど)リモートワークが盛んで、かつ技術力も高そうでした。 マルウェア解析などが好きな人にはおすすめできると思います。 (情報系学部卒ではあるけど)別な業界から入り、入社後の研修や自己研鑽で普通にマルウェア解析できるレベルに達した人もいるので、今そんなにマルウェア解析とかできなくても素養があれば入社できるらしいです。

Gunosy機械学習インターン2019に参加した

六本木の森ビルのGunosyに、機械学習のインターンしに行ってきました。
kaggle的な機械学習コンペです。 3日間で2万円支給されます。1位は10万円の賞金がもらえます。2位と3位は5000円分のお肉券だったかな。Gunosyデータ分析ブログのサマーインターンシップ2018開催報告でも報酬は書いてあるので公表okなはず。 なお、公式データ分析ブログのインターン2019の記事はこちら。また同じく公式のグノシルというサイトのインターン2019の記事はこちらです。

参加者

身なりのまともな人が多かったです。有名 or 大手企業のインターンはだいたいそうだと思います。 逆立ちしても敵わね〜〜〜って感じではありませんでしたがみなさん優秀そうでした。(←すごくイキッてそうな感想ですがイキッてないです) 関係ないですが六本木は美人orかわいい女の人が多いですね。街全体が顔採用なのかと思ったくらいです。 焼肉屋行ってもカフェ行ってもそうだったので、ゲームやグラフィックベンチマークソフトで設定をULTRA HIGHに上げたときみたいに全てが美しく見えました。

ご飯その他

水はもう飲めないというほどもらえます。たくさん備蓄があるとか聞きました。水のペットボトルが3/4くらいの残量になると次のペットボトルをくれるため、無限に飲めます。 昼食は、1日目は焼肉(Gunosy経費 + 社員さん奢り)、2日目はGunosy手配の弁当、3日目は寿司(Gunosy経費)でした。

コンペ内容

これについては書かないように言われているので書けません(なんで?)。Gunosyのデータ解析ブログに載ると思うのでそちらで確認してください。 Gunosyのリアルなデータセットが与えられるので、あるお題にそって(たとえば利用者のxx推定)、指定された評価指標の良さを競うことになります。 2019年度インターンではサンプルコードが配布されました。サンプルコードがそこそこ強く、なかなか評価指標を改善していくことが難しかったです。数パーセント刻みで上げていくことになりました。 20人程度の参加者の中で10番目くらいになってしまいました。 Gunosyのデータ解析ブログにある、昔のインターンの報告記事を参考にして、データの傾向を愚直に見る→シンプルな方法から試していく、とやっていましたがあんまり効果なかったですね…。 自分がアホなのも大いにあります

Gunosyについて

よく知らなかったのでニュースアプリの会社としか思ってませんでしたが、ユーザにあったニュースを提供するサービスから始め、データ解析とかで身を立てたとあって良い会社だとイメージが変わりました。 お給料は非公開だと教えてもらえませんでした。 とりあえず機械学習の勉強頑張らなくちゃな…と痛感。

Yahoo!JAPANインターン2019に参加した

インターンに参加してきました。インフラコースです。とっても有意義なものでした。2週間で、しかも時給千円以上(=計10万円弱)のお金ももらえるというものです。

選考

書類選考とWeb面接だったはずです。書類選考の通過連絡はかなりギリギリなので落ちたと早とちりしないように。 Web面接は「あと何聞こうかな〜?」とか面接官が言っても、候補者に興味なくなったので消化試合に入ったのと勘違いして落ちたと早とちりしないように。そんなもんみたいです。 メンターの方のうち一部が選考にも参加したようですが、「応募理由が大事」だったらしいです。

参加者

地方からの参加者が多く、インフラコース10人中7人くらいが地方からの参加者でした。修士1年が多く、少しだけ学部3年や2年もいたようです。 みーーんなできる人。 インフラはできるの当たり前で、それぞれセキュリティ(低レイヤー)、機械学習、などなど別なスキルも持ち合わせている人たちでした。やっぱできる人ってなんでもできるんだなぁ…って感じです。 自分も専門はインフラではありませんでしたが…。 スキル的にはサーバ構築や管理ができて、ネットワークはCisco IOSのコンフィグができて、ネットワークスペシャリスト試験くらいの知識が必要なのかなと感じました。

インターンの内容

ワーク

Yahoo!JAPANは、AWSやAkamaiに頼るより、自前でインフラを構築することもわりとやるそうです。 インターンのお仕事としては、動画配信のCDNをラッキングや配線からコンフィグまで行い、性能を測定しながらチューニングすることです。 実働10日間のうち1日を説明、1日をデータセンター作業、残りの3~4日をコンフィグ、残りの3~4日程度をチューニングに注ぎ、1日程度を資料準備&発表に費やします。 なかなか個人ではデータセンターで作業はしないしCDNも構築しませんよね。商用インフラの体験としては十分満足できる体験だと思います。

その他イベント

10日間のうち2日間ほど外食に連れていってもらいました。また2日間はたしか外食の予算で代わりにピザや寿司の出前を取ってもらいました。余ったお金でケーキを食べた日もありました。
また懇親会ではそこそこの食事が出ます。まぁすぐ無くなります。クイズ的なイベントで上位に入り特別なパフェがもらえたのはいい思い出です。

Yahoo!JAPANの感想

綺麗なオフィス、そこそこのゆるさ、健康的な社食、総合的にかなり良かったです。
メンターとなった社員の方は優しい方たち(を選んでるんでしょうが)でした。 ただ1つの懸念点は、新入社員のOJT成果発表や参加したインターン生を見て思ったのですが優秀な人たちが揃ってそうなのでだいぶ頑張る必要がありそうなところです。 有名な会社のインターンは参加者も強い人たちが来るので刺激になります。1つでも行ってみると今後の身の振り方の指針となるかもしれません。