新宿区シェアサイクルでパナソニック・グリッターに乗った

シェアサイクル 広域実験

「Be Free Tokyo」とか書いてある自転車を街で見たことはありませんか?
ドコモ バイクシェアがやってる自転車シェアリング広域実験のシェアサイクルの自転車です。

なぜか特別区ごとにあります。1つの区で登録すれば他の区でもだいたい使えるんですが、使えないのもあるので詳細は自転車シェアリング広域実験の公式ページを見てください。今回は新宿区シェアサイクルを利用しました。

自転車はブリジストンのASSISTA UNI 20とパナソニックのグリッターとされています。
フラットハンドルに近い、ASSISTA UNIに乗りたかったんですが、今回は事前予約だったので車種がわからず、グリッターを借りてしまいました。

予約

事前予約はウェブサイトで駐輪場+車体番号を指定して予約ののちメールが来て、4ケタのパスコードが通知され、20分以内に乗るもので、
Suicaなど交通系ICを登録しておけば予約なしで自転車のパネルにかざすだけで乗れます。
詳細は公式サイトを見てください。

出発

この駐輪場は一方通行だらけの細い路地の中にあります。
自転車の利点が生きますね。

一方通行がたくさんあるのでバイクや車は大変…
でもたいがいは「自転車を除く」ってなってて自転車は通れます。

うーん、裏路地散策はロードバイクじゃない普通の形の自転車がぴったりです

住宅街にトレーラーハウスだと…?

幹線道路に出ちゃったりもします…
車道を走るのが怖くないくらいの走行性能はあります。

ロードバイクと比べるとサドルが低すぎて違和感をおぼえます。
サドルを思いっきり上げたら足つきがツンツンに。
車体が重いのでロードバイクより取り回しが少し大変です

返却

50分後に返却。(後ろの操作パネルに今何分目か出ます)
初回30分150円  + 30分延長 100円 で250円です。

鍵をかけると「施錠確認通知メール」が来て、自転車のパネルのENTERを押すと「返却完了メール」が来ます。
ちゃんと返却までしないと課金され続けちゃうと思います。

カゴ全面についてる棒が自転車側のアンテナ、駐輪場についてる四角い箱が駐輪場側のアンテナなんですかね。

帰る時に自分のロードバイクに乗ったら、「速い」「サドル高い&硬い」「前傾きつい」といろいろ感じました。

———グリッターの短いレビュー———

普段はロードバイク乗ってます。エントリークラスのカーボンバイクです。もうボロくなってきてますが。

アシスト 力

シグナルダッシュでグッと踏み込むとフロントアップします。
あまり力を入れないでのんびり漕ぐと良い感じにアシストしてくれて楽です。
速度を追い求めてがんがん踏むと、電アシ車に乗ってる意味がない気がするくらい普通に疲れます。
坂道はのんびり登るなら、軽いロードバイクと同じくらい楽です。

フレーム

加速性能は普通だと思います
頑張って踏めばそれなりの速度は出ます。(グリッターには速度計がないので測ってません)
ひたち海浜公園のレンタサイクルで乗ったとき(ブリジストンのアシスタ)はフニャラカしてて頑張って漕いでも20km/hにも達しませんでした。
パナソニックのCITY S5は買って乗ってたことがあるのですが、あれはフレームがガッチリしているのか漕ぐと30km/h行けます。
いままで乗ったことのある自転車の中では普通ってことですね。

ブレーキ

悪くないです。効かないとは感じません。
フロントにはちゃんとデュアルピボットブレーキですから。
ブレーキレバーも樹脂製のフニャッとしたやつじゃなくてちゃんと金属製なのでブレーキが頼りないということはありません。

ハンドル周り

メーターは片手で操作しやすい位置です

アシストモードは パワー/オートマチック/ロング、
表示モードはバッテリー残量%/走行可能距離/走行可能時間 です。

速度計が欲しいですね。電動アシスト車は、アシストして良い速度が法律で決まっているので、速度を計測する仕組みがあるはずなので、できると思います。

安い電動自転車でも速度表示機能はついてることもあるし、使わないようで意外と使いますから…。
なんの変哲もないですが、レバーを金属にしてくれてありがとうって感じです
この自転車は街中、近場を走る用途なのでしょうから、見た目を優先してこのスリムなライトにしたのは正解ではあると思います。
街中ならこれでいいですが、街灯のない道を走る場合は、もうちょっと明るいライトが欲しいような。
電動アシスト車のライトはバッテリーからとっているので、後付けで強いライトを個人でつけるのは難しいし、そもそもバッテリーの容量的にはもっと強いライトも使えると思うし、他の電動自転車についているような4連LEDみたいな明るいやつが欲しいかなーと思いました。

乗り心地(総評)

タイヤが大きいせいかボヨンボヨンと路面の凹凸はいなします。
低重心なことと小径タイヤなことにより、切り返しが簡単です。
幹線道路に出ても、車道を走る気にはなれる程度の走行性能です。

しかしながら、 20インチと小さめのタイヤなので、歩道⇄車道に行き来するときの段差を乗り越える衝撃が、ほっそい高圧タイヤを履いたロードバイクと同じくらいに来ます。(ゆっくり乗り越えて、の話です)

自転車の後輪スポーク折れ(2回目!)

1回目のスポーク折れはこちら

後輪のスポークがまた折れました。
1回目のスポーク折れより前に、スプロケとホイールの間にあるはずのチェーンガードという円盤が割れてどっかにいってしまっていて、チェーンがローギア側から脱落してスプロケとスポークの間に挟まり、スポークを損傷してしまっていました。
一本折れただけでもかなりホイールがフレてブレーキにぶつかってしまいます。
スポークはチェーンに削られて怪我をしてるのが何本かありましたので、やはりまた折れたか、という感じです。
危ないので全部交換しなくてはなりません。
前回購入したのは、290mmの#14のスポークでした。しかし、今回は在庫がなくて291mmの#13のステンレススポークです。
285mmでは短すぎ、290ではやや長い、でしたが291mmでもちゃんと入りました。
291mmでは、スプロケを外し、タイヤ、チューブ、ホイールテープをはずしてやっとニップルが締められるので面倒です…
もうちょっと短ければ、ホイールの裏側からじゃなくて表側からニップルレンチを使って締められそうなものですが…スポークには負担がかかるかな。

関係ないけど

トマトスープは生活良品のトマト缶(ホールトマト・カットトマトどちらも)よりDIVELLAのホールトマト缶のほうが上手く行く気がします。
以上。

サイドカット?でパンク

ごらんの通りのサイドカットで2度パンク。

ある日外から「パシューーーー…」といった大きな音が聞こえてきた。工事か、はたまたいたずらで自転車のタイヤの空気を抜かれたか、そう思っていたが実はああいった鳥の鳴き声であったとわかった…わけではなくパンクでした。

これを2度やりまして、可哀想に数時間の命だったチューブちゃんが一本。

自転車カテゴリの記事はほとんどパンク記事という悲しさよ。

ふさいでもふさいでも穴だらけ

ここ数ヶ月、自転車のパンクの頻度が高く一ヶ月に一回くらいはパンクしてます
さいきんぜんぜん趣味用には乗れてないかわいそうなロードバイク。
空気は一週間に一回入れてるのにまたパンク。

つまらないので記事には書いてませんでしたが。

なぜ最近になってパンクの頻度が上がったのか…さっぱりわからないので、タイヤの内側の異物を取り除くため拭き掃除して、リムテープも交換しました。

替えのチューブがないので、明日新しいチューブが届くまでパンク修理パッチをはって続投…しようとしたのだけれど、
パンクしたまま短い距離だけど走行してしまったので、ざっと数えて20個くらいの穴が空いてました。

がんばってふさいだけど…残り6個くらいでパンク修理パッチを使い果たして終了…。
まだ全然ダメで、空気を入れてもみるみるうちに空気圧ゲージが下がってく。

無駄にしたもの
・風呂入ったあとの綺麗な体
・寝る前の時間
・パンク修理パッチ

疲れた。
(いつパンクしたかの記録のための記事です)

ステムをUNOステム,Kalloy AS-007Nに取り替える

今までは買った時についてきた標準のステムを使ってましたが…80mmだと短い気がして、もっと長いのに交換してみたくなりました。

サイズがあわなかったら悲惨なので、なるべく安いもの…
それがこのUNOステムです。 110mmなり。2000円で購入しました。

なかなかまともです。

安モンはネジの精度が極悪で、何も負荷がかかってなくても引っかかって手で締められなかったりしますが、そんなこともないです。
しかも、ちゃんとネジにグリスが塗ってある!
安モンばっか買ってるとこういうところで感心できます。

さて、とりつけとりつけ
Before

After

ここで大問題はっせ〜い


ステムハイトが足りな〜い
トップキャップ締める意味がな〜い

スペーサーを買い足さなきゃ。

トップキャップは、取り付けの段階では、ヘッドセットのベアリングを適切な力で押し付けるとかそんな意味しかなく、ステムをがっちりしめちゃえばあとは無くてもいいくらい…のはず(水が入るから実際はそんなことしないが)

ステムを締め付ける際に下側に手で押さえつけてればなんとかなるっしょの勢いで締め付け。

自転車をすこし持ち上げて地面に落としてみても、ガタガタしたりはしないみたい。
これでいいのかな…

80mmから110mmのステムにしたら、なんか乗りやすくなったような。30mmも伸びたんだからなにか変わってるはず。それはまた後ほど。

カーボンロードにリアキャリアをつける(直後に外す)

タイトルどおり、今回はロードバイクにリアキャリアをつけます
試さないでください
失敗しました。

T_B03 NinoLite とかいうリアキャリアをつけます
3000円のやばそうなリアキャリアです。

なんとまぁこいつはダボ穴が一切なくてもつけられます。どういうことかというと、前はシートポストに留めて、後ろ側はシートステーに留めるからです。

シートポストに留めるリアキャリアはたくさんあります。しかし強度が不安。こいつはシートステーでも支えることでその不安を解消しています。一見。

やったぁーこれでダボ穴のないロードにもつけられるぞっ!(そう甘くはなかった)

とどいたぞぉーっ折りたたみ工具つきだ!

説明書。リアキャリアのとりつけには言葉はいらぬ。

Amazonレビューのとおり工作精度は悪いみたい。悪いなんてもんじゃなく、

ずれすぎ。わりと強度があってフンヌヌヌしても入らなそう。

あと設計も変。ここ、隣のネジが邪魔でレンチってかスパナっていうか、ナットを固定する工具が入らない。
ワッシャーをかまして高低差をつけなんとかして工具をつかえるようにした。

工具がはいらないのでわざと互い違いにしてみた。

できたっ!

さっそく荷物を載せる

10kgくらいの荷物のせた感想は…重すぎ!ふらつく!ってかキャリアごと左右にグラングランしてる!

動画もとりましたがyoutubeにアップすんの面倒なので言葉だけ。
ちょっと車体をゆするとぐらんぐらんして危ないです。
15kgも載せたらまずそう。そのまえにチェーンステーがかわいそう。
というかカーボンフレームにこんなもんつけたら壊れそう。
(この自転車はお化粧カーボンではないのですよ!一応)

つーわけでつけた後すぐはずしました。

このキャリアのつくりの問題なのか、自転車の問題なのか。キャリアには耐荷重25kg(80L~90Lくらいの登山用ザックにぱんぱんにつめてこんくらいです)というホントかよ盛ってんじゃねえのかという数字が書いてありました。Amazonには同じような構造で90kgまでOKというもんが売ってて、まぁそういうもんかもしれません
(なおその商品はレビューによると9kgまでというシールがはってあったそうですが)

おしまい。

油の切れたチェーンはこうなる(?)

通勤用ロードバイクのチェーン…
先週あたり、バイク用に買ったチェーンクリーナーで洗ったあと油さして、それから2~3回雨天走行しました。

そしたら…

ローラのところがピカピカの鏡面仕上げみたいになっちゃってるのわかりますか?
いままではこんなになったことなかったのに…
手で触ったらいつも指に汚れた油がつくのに何もついてこない…
これが油ぎれ!

毎週さしてても雨が何回か降ればこうなるんですね〜
汚れがつくの我慢して雨耐性を高めるため粘度の高いオイルつけてあるんだけどな。
チェーンクリーナーで洗ったのも大きいと思うけど。

プレートの部分がすっごく汚いけど、これは昔ドライタイプというかワックスになるチェーンオイルを使ってたとき固まってそのままなせいなのです
もう爪で強くこすらないと落ちない。
こまめに掃除は大事でした。

通勤用ロードバイクのスポーク折れたので交換

タイトル通り。後輪のスプロケ側のスポークが折れた。パキャッと空き缶でも踏んづけたような音がした。

FELT Z5 2011の、後輪のスプロケ側のスポークは直径2mm(#14ってこと)、長さは290mm。非スプロケ側は、たぶん288mmとかその辺。前輪はもっと短い。
リムがCXP22とかハブがFeltのナントカだとか、情報が揃えばそこから計算できるが…ハブの情報が集められなかったので外して実測した。

スポーク破断の原因は、チェーン落ちによるスポーク損傷。
スポークガードはついてたんだけど、割れてどっかに落ちた…

さて、交換交換。

必要工具は
・タイヤレバー
・スプロケット外し
・ニップル回し
・(できればマイナスドライバー)
だけでござい。
(非スプロケット側のスポークや、フロントホイールのスポークの交換なら、スプロケ外しはいらない)

必要なアイテムは
・スポーク
・(できればニップルも)
だけ。

まずカセットスプロケを外して、タイヤとチューブを外し、リムテープを外す。
タイヤとチューブとリムテープは、交換に必要な部分だけ外せば用は足りる。

(ここまでやって、実は285mmのスポークを買ってしまったので、またタイヤを組み立てて買いに行った。しかも店は閉店してた。つかれた)
スポークの長さが5mm違うと絶対にどうがんばっても使えないので注意。

ついでにスプロケもパーツクリーナーで洗って…

完成。

このあと振れ取りをした。スポーク一本飛んでると、かなり振れる。

ママチャリ借り乗りのためのツーリング

まずは海へ。
戦車のアニメで有名で、今日もキャラクターの立て看板を目にしました。


散策中、人目につかない隧道を発見…


なんのことはなく、上を通ってる線路を避けるためのものみたいです。

さてこちらが本命、ママチャリでございます

20分ほど乗った結果、ロードバイクなどのスポーツタイプのものが如何に”走り”を求めたものかがよーくわかりました。
普通の自転車はポジションはすごーくらくだけど、なんかサドルが前過ぎハンドル手前過ぎ高すぎで漕ぎにくいです。

それと、ハンドリングが非常にクイックです。クイックなんだけど、言い換えればふっらふっらします。それもあってあまり速度だせません
あとブレーキが弱いです。タイヤの性能もあるでしょうが、明らかに効きが悪いです。(ってまぁ想定してる速度域が違うし当たり前なので気にしないでください。)

あと内装ギアが3段だけど、坂のぼれねええええ!坂で押して歩いている人を見て、フフフ私は鍛えておるからこんな坂20km/hで登れるのだよ!とか思ってましたけど、あれはかなりの割合で自転車の性能のおかげだったのですね!

毎日乗る自転車を、こういうフツーな自転車にしようかと思ってましたけどあきらめました。なんだかんだ言っても、いつも乗ってる自転車は漕ぎやすい…!(街中では使いにくいけど、それを補って余りある漕ぎやすさ)

ODO:1172

あとブレーキペダルの塗装がはげてきてこまった

続・パンクした

やっぱダメだった…

あなが2つ以上あいていたようです
音で判断するんじゃなく、セオリー通り水につけて穴を確認すべきでしたね

パンク状態で走ったんでリムに傷が…!!

まーCXP22という安物リムなんであまり心は痛みません

CXP22のリムハイトは前後とも22mmなんですが、間違えて48mmのロングバルブついたチューブ買ってきちゃいました
34mmくらいので良いのに…。

なにが嫌って見た目もあるけど、ただでさえバルブがあることでそっちに重量が偏ってるのにロングバルブときちゃあ偏りも増えるのです

ホイールバランスとりとかめんどくさいよお…
(ホイールバランスは本来、交換したら毎回やるべきですけど)

見た目はほーら、ぶかっこうに…

…ってなんか曲がってますね!!

これだと根元に負担がかかり、そのうちバルブ根元に穴があきます(昔開けました)

このあと直したんですが、なんかまだ少し曲がってるような…。

おしまい。